みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

クリスマス映画おすすめ人気ランキング【洋画から邦画、アニメまで】(1~2位)

公開:2020-11-20



第2位:戦場のメリークリスマス(1983年)(1,058票)


  • 戦争という悲惨さの中でクリスマスをみんなで喜ぶ姿が良い

  • あの坂本龍一さんのメロディーとたけしさんの「メリークリスマス、ミスターローレンス」のシーンがまざまざと脳裏に浮かんで来ます

  • 凄いキャストだったなぁ



異色の役者陣をキャスティングした大島渚監督の傑作!第2位は戦場のメリークリスマス(1983年)!


2位は歴史・ドラマ映画「戦場のメリークリスマス」。舞台は1942年、第二次世界大戦下のジャワ島レバクセンバタの日本軍俘虜収容所。そんな地で出会った生まれた国の異なる男たちの奇妙な友情と戦争の暗部を描く物語であり、戦争映画ではあるものの一切の戦闘シーンがない異色のスタイルとなっています。また、ビートたけしさんを始め、坂本龍一さん、デヴィッド・ボウイさんなど、本職俳優でない方々が多くキャスティングされた点も話題に。お世辞にも上手い演技とは言えないシーンも多いのですが、その素人っぽさがなんとも軍人的というか、不器用な感じでリアリティを生み出していました。坂本龍一さんが作曲したメインテーマと言い、ラストの「メリークリスマス、ミスター・ロレンス」のセリフと笑顔といい、何十年も語り継がれる歴史的名作です!
【配信中サイト】U-NEXTなど



第1位:ホーム・アローン(1991年)(1,983票)


  • 定番。シリーズも面白い

  • ホーム・アローンは傑作コメディ

  • 泥棒とのやり取りはとてもおもしろい

  • マコーレカルキン君がホント可愛かったです

  • 賑やかで笑えて家族愛も感じられて、最高のクリスマス映画でしょう!



笑ってクリスマスを迎えるならド定番のこちら!第1位はホーム・アローン(1991年)!


1983票という圧倒的得票で見事1位に輝いたのはコメディ映画「ホーム・アローン」。パリでクリスマスを過ごそうと旅行に出かけた15人家族のマカリスター家でしたが、手違いで1人だけ家に取り残されてしまったのが8歳の末っ子・ケビン。そんなマカリスター家を狙った泥棒コンビを迎え撃つケビンの闘いが描かれた傑作コメディ映画です!物怖じしないケビンは可愛らしいお子様なのですが、悪魔的頭脳を駆使して用意した数々の罠から感じられる明確な殺意が恐ろしく……(笑)悪い大人をやり込める展開は視聴する子どもにとっては一種の憧れ。そんな憧れが詰まった夢のある作風もあって、楽しく笑えるエンタメ性に優れたクリスマス映画のド定番ですね!
【配信中サイト】Amazonプライムビデオ、dTV、ビデオマーケットなど



クリスマス映画おすすめ人気ランキング【洋画から邦画、アニメまで】TOP20!

意外や意外、ランキング上位に入った映画は90年代以前の作品ばかり!それだけ人々の心に深く刻まれた物語であり、かつクリスマス映画の定番として昔から愛されているということでしょうか?特に1位に選ばれた「ホーム・アローン」の圧倒的支持と面白さ……こちらの根強い人気に異を唱える方はいらっしゃないでしょう!
以上、10~60代の男女(性別回答しないを含む)11,168名が選んだ「クリスマス映画おすすめ人気ランキング【洋画から邦画、アニメまで】」でした。あなたが思うクリスマス映画はランクインしていましたか?

「クリスマス映画おすすめ人気ランキング」
TOP20一覧
  • 1位ホーム・アローン(1991年) (1,983票)
  • 2位戦場のメリークリスマス(1983年) (1,058票)
  • 3位グレムリン(1984年) (470票)
  • 4位ホワイト・クリスマス(1954年) (467票)
  • 5位めぐり逢えたら(1993年) (457票)
  • 6位三十四丁目の奇蹟(1948年) (414票)
  • 7位ラスト・クリスマス(2019年) (413票)
  • 8位ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1994年) (341票)
  • 9位恋人たちの予感(1989年) (290票)
  • 10位Disney's クリスマス・キャロル(2009年) (280票)
  • 11位エルフ〜サンタの国からやってきた〜(米公開2003年、日本劇場未公開) (262票)
  • 12位ラブ・アクチュアリー(2004年) (229票)
  • 13位キャロル(2016年) (219票)
  • 14位サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース(2012年) (215票)
  • 15位サンタクロースになった少年(フィンランド公開2007年、日本劇場未公開) (212票)
  • 16位戦場のアリア(2006年) (199票)
  • 17位大停電の夜に(2005年) (192票)
  • 18位東京ゴッドファーザーズ(2003年) (191票)
  • 19位ホリデイ(2007年) (178票)
  • 20位グリンチ(2018年) (169票)
編集者:zenzai
調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:11,168名
調査日:2020年11月10日
※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    いいね!と思ったら押してね