みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

スパイ映画おすすめ人気ランキングTOP20【2020年最新版】(6~8位)

公開:2020-11-6


第8位:バリー・シール/アメリカをはめた男(2017年公開)(333票)


  • 飛行機とトム・クルーズにハズレなし

  • 駆け引きが面白い

  • 実在の人物だというから驚き


実在した天才パイロット・バリー・シールの嘘みたいな本当の話!第8位はバリー・シール/アメリカをはめた男(2017年公開)!


8位は実話を基に製作されたクライム・ドラマ映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」。アメリカの航空会社に勤める飛行機パイロットであり、CIAの任務も帯びていた実在の人物であるバリー・シールの危険過ぎる日々が描かれた本作!「冗談でしょう?」という言葉が思わず口をついて出てしまうような展開ですが、これがほぼ実話のノンフィクション的な作品なのですから驚きです……。また、主人公のバリー・シールを演じたのは9位に続いてトム・クルーズさん。本作では他の作品ではあまり見せないダーティな役柄も違和感なく演じており、実力派俳優らしい演技力で観客を魅了!実際にご本人が飛行機を操縦して撮影に臨んだ件と言い、なんでも挑戦する姿勢にさすがの一言ですね!
【配信中サイト】Amazonプライムビデオ、dTV、ビデオマーケットなど


第7位:コードネームU.N.C.L.E. (2015年公開)(344票)


  • 元ネタの『0011ナポレオンソロ』の大ファンですが、原作の魅力を壊さず、上手く制作していたと思います

  • 主演2人がカッコいいし、アメリカとソ連が手を組むって言うのが胸アツ

  • 最初の方のカーアクションが好きで何度も観ました


米ソ最強スパイの強力タッグで巨悪に挑む!第7位はコードネームU.N.C.L.E. (2015年公開)!


7位はスパイ・アクション映画「コードネームU.N.C.L.E.」。日本でも放送された1960年代のアメリカのテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」のリメイク作品であり、劇中の時代は東西冷戦真っ只中の1960年代。アメリカのCIA、ソ連のKGBという世界的に有名な諜報組織に属する2人の最強スパイがタッグを組み、巨大犯罪組織の陰謀を阻止すべく躍動する痛快アクション劇として人気に!服装や小物もしっかりと1960年代風で、作品を支配するおしゃれでスタイリッシュな雰囲気がたまらない一作です!
【配信中サイト】Netflix、U-NEXTなど




第6位:キングスマン(2015年公開)(423票)


  • アクションシーンがスタイリッシュでかっこ良かった

  • おしゃれでユニークでかっこいい

  • 英国紳士のアクションシーンが斬新でよかった


スタイリッシュな英国紳士は世界を守るエージェント!第6位はキングスマン(2015年公開)!


6位はスパイ・アクション映画「キングスマン」。紳士の国・イギリスはロンドンで営業する高級テーラーが「キングスマン」。その実態は世界を秘密裏に守るどこの国にも属さない諜報機関「キングスマン」であり、スーツを着こなした英国紳士なエージェントによるスタイリッシュなアクションで世界中を魅了した人気シリーズです!ハイテクな仕込み武器などを駆使して華麗に立ち回るだけでもカッコよく、「スパイ・アクション映画ってこうだよな!」と熱くなる場面も多々あります!笑いも散りばめられた娯楽作として非常に高い完成度を誇る傑作スパイ映画でしょう!
【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…