みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

最新版!おすすめの泣ける邦画人気ランキングTOP20【日本映画】(11~15位)

公開:2020-2-26 更新:2020-4-3

2020年日本映画最新版・おすすめの泣ける邦画ランキングTOP20!

15位から11位を発表!あなたが泣けると思う邦画は何位?注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第15位:ボクの妻と結婚してください。(198票)

妻と息子を持つ、多忙な放送作家が癌を宣告されます。自分が死ぬと分かった瞬間取った行動は、妻と息子を幸せにしてくれる結婚相手を探すこと。この冒頭部分ですでに泣けてきてしまいますよね…!
主人公は内緒で妻の結婚相手を探すため、婚活パーティに通ったり、妻からさり気なくリサーチしたりします。そして、妻は病気を知ることになりましたが「一緒に生きてよ!」と思いをぶつけます。妻と息子を愛する気持ち、家族を思う気持ち、泣けないシーンが一切ありません…!







第14位:50回目のファーストキス(207票)

洋画を元にしたリメイク版の作品で、記憶障害を持つヒロインと一目惚れした男性のストーリーです。
前日の記憶が一切なくなってしまうヒロイン(長澤まさみさん)は毎日がリセットされます。それでも男性(山田孝之さん)はヒロインのために、アプローチを続け、同じ毎日を繰り返さないようにDVDを見せたり手を尽くします。ヒロインは自分が重荷なっているのではないか自分を責め…。果たして2人はどうなるのか?胸が締め付けられる切なさが堪りません。
監督は福田雄一さんなので、泣けるだけではなくコミカルな要素も楽しめます!







第13位:8年越しの花嫁 奇跡の実話(207票)

タイトル通り、実際に起った話がより泣けると話題になった作品です。
結婚を約束した2人でしたが、ヒロインは昏睡状態になり、記憶を失ってしまいます。長くは生きられないかもしれない、このまま記憶を失ったままかもしれない…結婚を約束したはずの幸せだった頃の2人がどんどん遠ざかっていく様子は切なすぎます。
記憶を失くしてもヒロインである土屋太鳳さんを思い続ける、佐藤健さんの姿が涙腺を崩壊させます…!










第12位:マリと子犬の物語(217票)

2004年に発生した新潟県中越地震で起きた実話を元にした作品です。
地震が発生したあの日、マリと呼ばれる母犬と3匹の子犬は救助ヘリに乗せてもらえず、被災地に取り残されてしまいます。何よりマリは救助隊を誘導して、動けなくなった家族を助けたにも関わらずです。ペットは助けてもらえない…どうにもならない事実に心がえぐられてしまいます。取り残されたマリたちは、過酷な生活を余儀なくされます。そんなマリたちを思って家族が取った行動とは…?
家族を待つ犬たちの懸命な姿は号泣必至…!犬を飼っている方は是非見て頂きたい作品です。





第11位:万引き家族(226票)

是枝裕和監督が手がけたパルム・ドール賞を受賞した名作ですね!
万引きで生計を立てる5人の家族は、虐待されている少女と暮らすことに。訳あり過ぎる家族、しかし微笑ましくもある描写はやさしい気持ちにさせられます。普通ではない家族のあり方に、家族って一体なんだろう?と考えさせられる作品です。育児放棄、年金の不正受給など社会問題を取り入れた作品でリアルな苦しみを痛感させられます。
この作品で、2019年の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラさんの演技も注目です!





※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!