ヤンキー・不良映画人気ランキング【2000年以降・邦画】

「ビー・バップ・ハイスクール」や「岸和田少年愚連隊」など、その時々の時代を反映した作品が古くから人気のヤンキー・不良映画!ただ、味のある古いヤンキー映画も観ていて楽しいものですが、ここ最近はどんな作品が人気なのかも気になりますよね?そこで、今回は「2000年以降公開の好きなヤンキー・不良映画(邦画)」という質問で調査を実施。典型的な武闘派の不良から、思わず笑ってしまうコミカルなヤンキーまで、様々なカラーの作品が登場する注目ランキングです!

ヤンキー・不良映画人気ランキング
TOP20一覧
  • 1位ごくせん THE MOVIE (1,180票)
  • 2位今日から俺は!!劇場版 (822票)
  • 3位ROOKIES -卒業- (769票)
  • 4位クローズZERO シリーズ (481票)
  • 5位ぼくたちと駐在さんの700日戦争 (361票)
  • 6位ホットロード (336票)
  • 7位HiGH&LOW シリーズ  (300票)
  • 8位魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE (272票)
  • 9位ヒロミくん!全国総番長への道 (239票)
  • 10位劇場版 私立バカレア高校 (235票)
  • 11位激情版 エリートヤンキー三郎 (214票)
  • 12位不良少年(ヤンキー)の夢 (200票)
  • 13位ガチバン シリーズ (195票)
  • 14位ヒートアイランド (184票)
  • 15位アキラNo.2 (176票)
  • 16位ディストラクション・ベイビーズ (174票)※同率
  • 16位アラグレ シリーズ (174票)※同率
  • 18位BADBOYS (172票)
  • 19位スラッカーズ シリーズ (171票)
  • 20位GO (167票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<ヤンキー・不良映画人気ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)7,600名/調査日:2021年6月10日

目次

第1位:ごくせん THE MOVIE(1,180票)

  • 仲間由紀恵さんがヤンクミ役にぴったりだったし、面白かった!
  • 歴代の卒業生も集結してとても豪華な内容でした
  • 笑いあり涙あり!感動しました!

イケメン俳優大集合!「ごくせん」シリーズこれにて完結!1位はごくせん THE MOVIE

見事1位に輝いたのは2009年公開映画「ごくせん THE MOVIE」。森本梢子さんが手掛ける漫画「ごくせん」が、テレビドラマ化して放送されたのが2002年。仲間由紀恵さん演じる教師・山口久美子(ヤンクミ)と生徒たちの日々が描かれました。その後シリーズを重ねて完結作となったのが映画版の本作。「ごくせん」の定番である笑いやアクションシーンは見所の1つですが、やはり本作を語る上で重要なのが豪華なキャスティング!亀梨和也さんを始めとして、速水もこみちさんや小栗旬さんなど、過去シリーズの俳優陣(劇中では既に学校を卒業し社会人等に)も集結。現在人気のあの俳優さんもちょい役で出ている……など、改めて見返すと新たな発見ができる作品でもありますね!

【配信中サイト】Netflix、huluなど

第2位:今日から俺は!!劇場版(822票)

  • 集中して見ないと笑い所を見逃してしまうほどずっと面白い
  • 原作漫画を学生時代に読んでいて、ドラマも観ていた。大好きです
  • ヤンキー系って怖いものが多いけど、この作品はコミカルで楽しい

ヤンキー達の賑やかアクションコメディ!2位は今日から俺は!!劇場版

2位は2020年公開映画「今日から俺は!!劇場版」。西森博之さんが手掛ける大人気ツッパリ漫画「今日から俺は!!」が2018年に連続ドラマ化され、その劇場版となった本作。令和のこの世ではまずお目にかかれない1980年代の「昭和」テイストあふれる不良たちの姿がなんとも印象的でした!殴る蹴るのケンカモノではありますが、同時に大小様々な笑いがギッシリと詰まった作風はエンターテイメントとして秀逸。実写コメディで次々とヒット作を飛ばす福田雄一監督の安定感は本作でも健在です!

第3位:ROOKIES -卒業-(769票)

  • ぶっきらぼうだけど、仲間の事を思い、自分が出来る事を一生懸命やる姿に感動しました。熱かったな~
  • 努力すれば道が開けると感じたドラマだった。青春ですね
  • この作品は映画館で見ました。期待の上を行く、とても良い作品でした

2009年最高興行収入を記録した大ヒット作!3位はROOKIES -卒業-

3位は2009年公開映画「ROOKIES -卒業-」。森田まさのりさんが手掛けた漫画「ROOKIES」の実写化ドラマの続編として公開された映画作品です。ドラマでは二子玉川学園高校に赴任した新人教師・川藤幸一が、落ちぶれた野球部を熱血指導で立て直しいくというストーリーですが、続編となる本作では野球部メンバーが3年生に進級し、最後の夏の甲子園を目指す様子が描かれます。スポ根モノのノリにヤンキー要素、コメディ要素を加えた傑作として幅広い層に支持され、2009年日本最高の興行収入となる85.5億円の数字を記録しました!

【配信中サイト】U-NEXTなど

第4位:クローズZERO シリーズ(481票)

  • バトルシーンが凄くリアルで引き込まれた
  • 原作漫画も含めてクローズが好きです
  • 主演の小栗旬さんが良かったし、皆さん演技が上手い!

頂点(テッペン)目指して殴り合うバチバチのヤンキー映画!4位はクローズZERO シリーズ

4位は2007年から公開された映画「クローズZERO」シリーズ。ヤンキー漫画で広く知られる漫画家・高橋ヒロシさんが手掛けた「クローズ」を原作とした物語であり、原作版の主人公である坊屋春道が転校してくる1年前を描いたオリジナルストーリーです。ワルばかりが集い、様々な勢力がひしめき合う鈴蘭男子高校。そこやってきた主人公の不良転入生・滝谷源治が抗争の中心となっていき……。滝谷を演じた小栗旬さんや、「百獣の王」の異名で恐れられる芹沢を演じた山田孝之さんなど、イケメン俳優陣がずらりと揃ったのも本作の見どころ。ボロボロになりながら殴り合う姿はカッコよく、またヤンキー同士の友情や青春模様も魅力的でした!

【配信中サイト】Netflix、hulu、U-NEXTなど

第5位:ぼくたちと駐在さんの700日戦争(361票)

  • メチャクチャ笑える。ヤンキーというより悪戯っ子と大人げない警察官の一夏の「戦い」だ。最後はジーンとくる
  • ぼく駐!懐かしい!面白かったなあ
  • 母が好きで小さい頃によく一緒に見た。家族で楽しめる作品だと思う

昭和期の田舎町で勃発したイタズラ合戦をコミカルに描く!5位はぼくたちと駐在さんの700日戦争

5位は2008年公開映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」。くろわっさんが手掛けた半フィクションのブログ小説(書籍、原作者のペンネームはママチャリ)を映画化した本作。イタズラっ子集団の一員で主人公のママチャリと、町に赴任してきた駐在さんとのコミカルないたずら合戦が始まり……。1970年代の田舎町で起きるちょっとした騒動をテンポ良く描き、心の底から笑える青春コメディとして高く評価されています!ママチャリを演じた市原隼人さん、人の良い駐在さんを演じた佐々木蔵之介さんはキャラクターにドンピシャの演技でとても印象的。いたずら合戦の果てに訪れるラストの展開もあり、視聴後になんとも言えぬ清々しさが感じられる1作ですね!

【配信中サイト】Netflix、U-NEXTなど

第6位:ホットロード(336票)

  • 原作から大好きな作品
  • 主演ののんちゃんがかわいい
  • 原作を読んでいて、いつか映画化して欲しいと思っていた。登坂さんは春山役にピッタリだった

青春時代を駆け抜ける若き男女の恋物語!6位はホットロード

6位は2014年公開映画「ホットロード」。紡木たくさんが手掛ける同名漫画の映画化であり、とある理由から道を外してしまう少女・宮市和希と、暴走族に所属するバイク好きな不良少年・春山洋志の日々が描かれます。不良モノという根幹はありますが、そこに2人のラブロマンスが織り込まれ、危険な恋愛の行方がどうなるのかドキドキの物語となりました。和希を演じたのん(当時は能年玲奈)さん、洋志を演じた登坂広臣さんの若さ溢れる演技と雰囲気に夢中になってしまいますね!

【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど

第7位:HiGH&LOW シリーズ (300票)

  • チームごとの特色が面白く、バトルシーンも迫力がある
  • LDH最高!
  • HiGH&LOWの喧嘩は迫力が違う

歌ありケンカありのヤンキー映画!7位はHiGH &LOW シリーズ

7位は2016年公開映画「HiGH&LOW THE MOVIE」から始まる「HiGH&LOW」シリーズ。元は2015年放送のテレビドラマであり、5つの危険な勢力が集う架空都市・SWORD地区で起きる抗争劇が描かれます。伝説の極悪兄弟の次男・雨宮雅貴を演じたEXILEのTAKAHIROさんを始め、EXILE TRIBEのメンバーが多数出演する豪華な絵面は壮観。華やかなイケメン達の共演する、エンタメ性の高いケンカアクション映画として評価されています!

【配信中サイト】Netflix、huluなど

第8位:魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE(272票)

  • ギャグありのヤンキー映画決定版!
  • 展開が面白い
  • マンガを読んでたから、気になって観に行った

荒唐無稽な傑作ギャグ漫画をまさかの実写映画化!8位は魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE

8位は2005年公開映画「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」。野中英次さんが手掛けるギャグ漫画「魁!!クロマティ高校」の映画化であり、開幕直後から炸裂するシュールすぎる世界観は圧巻です。変わり者に加えて、人なのか?という謎の存在まで集うヤンキー校・クロマティ高校での日々が描かれ、原作漫画にはないオリジナルストーリーも盛り込まれました。ちなみに、本作の監督はランキング11位でご紹介した「激情版 エリートヤンキー三郎」と同じく山口雄大さん。ヤンキーとギャグを取り合わせた作品で安定感を発揮していますね!

第9位:ヒロミくん!全国総番長への道(239票)

  • 竹内力さんが高校生役ってところでもう面白い
  • ヒロミくんの表情の変化がとにかくすごい!
  • 最高!見ると元気になる!

貫禄ある高校1年生(16歳)にびっくり!9位はヒロミくん!全国総番長への道

9位は2010年製作の「ヒロミくん!全国総番長への道」。こちらはDVDでリリースされた作品で、後の続編が劇場公開されています。大阪・大山高校1年生の白鳥広海(ヒロミ)は圧倒的な腕っぷしで3年生の番長を倒しその座につく……というのはよくある設定ですが、そんなヒロミを演じるのが強面なベテラン俳優・竹内力さんなのですから、この時点でもうインパクトは抜群です。秀逸なアクションコメディとして笑いどころは満載。舞台は現代日本ですが、どういうワケか1人だけ「昭和の不良番長」的で不器用な男であるヒロミくんは全国総番長となれるのか?竹内力さん渾身の顔芸にもご注目ください!

【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど

第10位:劇場版 私立バカレア高校(235票)

  • SixTONES箱推しなので!繰り返し観ました
  • ぱるるがめちゃくちゃ可愛い!
  • ドラマは観ていなかったけど、充分楽しめました!

男女人気アイドル共演の話題作!10位は劇場版 私立バカレア高校

10位は2012年公開映画「劇場版 私立バカレア高校」。同年に放送されていたテレビドラマ「私立バカレア高校」の続編となる作品です。ジャニーズとAKBという人気アイドルが共演した話題作であり、Kis-My-Ft2 やSnow Manのメンバー、そして当時まだジャニーズJr.であったSixTONES(結成前)のメンバーが出演している点もポイントです!ヤンキー高校・馬鹿田高校とお嬢様高校・カトレア学院が合併して誕生した第二カトレア学院・通称バカレア高校。本作は、バカレア高校の校舎を改装する事になった所から物語が展開していきます。ヤンキーものとしてのテイストに恋愛要素も折り込まれ、アイドルファン注目の1作となりました!

第11位:激情版 エリートヤンキー三郎(214票)

11位は2009年公開映画「激情版 エリートヤンキー三郎」。阿部秀司さんが手掛ける漫画「エリートヤンキー三郎」の映画化となった本作。主人公・大河内三郎を演じた石黒英雄さんを始め、2007年放送のドラマ版から多くのキャストを引き継いで制作されています(内容自体はリセット)。その作風はテンション高めの完全なるコメディ、超極悪なヤンキーである兄たちに振り回される気弱な弟・三郎の受難が続きますが……。小沢和義さん、小沢仁志さんの小沢兄弟や、竹内力さんなど「Vシネマなのか!?」と思ってしまうくらい濃いメンツが出ているのもポイントです!

第12位:不良少年(ヤンキー)の夢(200票)

12位は2005年公開映画「不良少年(ヤンキー)の夢」。「ヤンキー先生」として知られる義家弘介さんの自伝「不良少年の夢」の映画化であり、松山ケンイチさんの主演も話題に!義家さんが北海道の北星学園余市高等学校に在学していた頃の物語であり、喧嘩・恋愛・更生と青春要素であふれています。とある理由から「両足の生爪をむしり取る」という衝撃のシーンもあり、そんな役どころを演じた若き日の松山ケンイチさんのスゴさも改めて認識させられる1作ですね!

第13位:ガチバン シリーズ(195票)

13位は2008年から劇場公開された「ガチバン」シリーズ。オリジナルビデオ作品等を含めると20作以上が制作された人気シリーズであり、明るいコメディ仕立てで進行するヤンキーたちの青春物語となっています。若さを全面に押し出した作風は大いに笑えて見ごたえたっぷり。主演が窪塚俊介さん、佐野和真さん、窪田正孝さん…とシリーズを重ねるごとに変わるのも本シリーズの魅力です。

【配信中サイト】Amazonプライムビデオ、ビデオマーケットなど

第14位:ヒートアイランド(184票)

14位は2007年公開映画「ヒートアイランド」。垣根涼介さんが手掛けた同名小説シリーズの映画化であり、若かりし頃の城田優さんや、今となっては懐かしいギャルっぽい雰囲気の北川景子さんの出演も見どころです。渋谷を舞台に、ヤクザ、強盗、若者達が結成するギャング集団……と、大金を巡って3つの勢力が起こす騒動が描かれます。クスっと笑える描写もあり、サスペンス風の見ごたえあるアクション映画です!

【配信中サイト】U-NEXTなど

第15位:アキラNo.2(176票)

15位は2014年公開映画「アキラNo.2」。奥嶋ひろまささんが手掛けた同名漫画の映画化であり、手のつけられないワルが集う陸山高校を舞台に物語は展開します。そんな陸山高校で、10人の不良トップ集団につけられた名称が「ナンバーズ」。ナンバーズのNo.2である主人公の矢沢アキラは献身的ではあるもののケンカは微妙。絶対的トップである怪物・隣野ツトムに気に入られてはいますが、虎視眈々と下剋上を狙い……。一風変わったヤンキーアクション映画をお求めの方にオススメです!

第16位:ディストラクション・ベイビーズ(174票)※同率

同率16位は2016年公開映画「ディストラクション・ベイビーズ」。とにかく凶暴で喧嘩三昧な日々を送っていた若者が、柳楽優弥さん演じる主人公の芦原泰良。そんな泰良の日常は菅田将暉さん演じる高校生・北原裕也との出会いで変わっていき……。暴力と虚しさが支配する本作において、やはり目立つのは柳楽優弥さんのサイコすぎる怪演。役が憑依したかのような柳楽優弥さんの一挙手一投足に引き込まれること間違いなしです!

【配信中サイト】Netflix、hulu、U-NEXTなど

第16位:アラグレ シリーズ(174票)※同率

同率16位は2013年公開映画「アラグレ」シリーズ。劇団EXILEに所属する鈴木伸之さんが初主演を飾った本作。不良青年たちの日々を描いた物語であり、全体に充満する重すぎず軽すぎない暴力的な雰囲気が印象に残ります。注目は身長185cmと堂々たる体格をした鈴木さんのアクション。ダイナミックで迫力があるケンカ描写も見応え十分な1作です!

【配信中サイト】U-NEXTなど

第18位:BADBOYS(172票)

18位は2011年公開映画「BADBOYS」。田中宏さんが手掛けた同名漫画の映画化であり、広島を舞台に若者たちの喧嘩三昧な日々が描かれます。広島弁の口調や街並み、キャラ設定など、原作漫画のテイストを残しつつ、所々にアレンジが加えられたストーリーも楽しめると支持が集まりました。元プロボクサーの竹原慎二さん、元プロ野球選手の山本浩二さんなど、広島に縁のある有名人が出演している点も作品の広島感を高めていますね!

第19位:スラッカーズ シリーズ(171票)

19位は2009年公開映画「スラッカーズ」シリーズ。ヤンキー+野球という2つの要素を主軸として展開する学園物語であり、コメディ仕立てで観やすいスポ根モノと評されます。主役の木所十夢役には現在活躍中の俳優・柄本時生さんが起用され、柄本さんの若かりし頃の演技を楽しめるのも注目ポイント。男同士の熱い友情、戦い、青春模様を味わいたい方にオススメです!

【配信中サイト】Amazonプライムビデオ、ビデオマーケットなど

第20位:GO(167票)

20位は2001年公開映画「GO」。金城一紀さんの小説(2000年の直木賞受賞)を原作とする映画であり、在日韓国人の高校生・杉原を主人公に物語は展開します。人種差別を含んだ社会問題を取り扱い、ただの不良モノとは一線を画した社会派な作風が高評価。主演の窪塚洋介さんは、本作で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞するという快挙を成し遂げ、そのカリスマ性ある演技にも注目が集まりました。

【配信中サイト】Netflixなど

ヤンキー・不良映画人気ランキングTOP20!

漫画からの実写ドラマ化・映画化に多くの票が入った今回のランキング。2021年6月現在も和久井健さんの手掛けるSF・ヤンキー漫画「東京卍リベンジャーズ」のアニメ化&実写映画化が話題となっていますが、こちらも今回ランクインした作品と並んでヒット作となるのか注目ですね!
以上、10~50代の男女(性別回答しないを含む)7,600名が選んだ「ヤンキー・不良映画人気ランキング」でした。あなたが思うヤンキー・不良映画はランクインしていましたか?

編集者:zenzai
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)7,600名
調査日:2021年6月10日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次