第一次韓流ブームの韓ドラ人気ランキング【2000~2008年】

今回はウェブアンケートにて総勢2,870名に調査した<第一次韓流ブームの韓国ドラマ人気ランキング【2000~2008年】>を発表します。さっそくランキングをチェック!

第一次韓流ブームの韓国ドラマ人気ランキング
TOP10
  • 1位冬のソナタ/主演:ペ・ヨンジュン(2002年) (574票)
  • 2位宮廷女官チャングムの誓い/主演:イ・ヨンエ(2003年) (352票)
  • 3位天国の階段/主演:クォン・サンウ(2003年) (246票)
  • 4位私の名前はキム・サムスン/主演:キム・ソナ、ヒョンビン(2005年) (213票)
  • 5位コーヒープリンス1号店/主演:ユン・ウネ、コン・ユ(2007年) (210票)
  • 6位宮~Love in Palace/主演:チュ・ジフン、ユン・ウネ(2006年) (171票)
  • 7位ごめん、愛してる/主演:ソ・ジソブ(2004年) (159票)
  • 8位イヴのすべて/主演:チャン・ドンゴン(2000年) (155票)
  • 9位美しき日々/主演:イ・ビョンホン(2001年) (151票)
  • 10位イ・サン/主演:イ・ソジン(2007年) (148票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<第一次韓流ブームの韓国ドラマ人気ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:20代以上の女性2,870名/調査日:2022年9月4日

目次

第1位:冬のソナタ/主演:ペ・ヨンジュン(2002年)(574票)

  • 韓国ドラマの素晴らしさに目覚めて、韓国ドラマにハマるきっかけになった大切な作品です
  • はまりました。ロケ地巡りもした!
  • 素敵だった。よかった。もう20年前になるのですね

日本の韓流ブームの火付け役!1位は冬のソナタ/主演:ペ・ヨンジュン(2002年)!

日本の30代以上の女性たちを中心に韓ドラブームを巻き起こした「冬のソナタ」が第1位にランクイン!
ユジン(チェ・ジウ)の目の前に、10年前に亡くなった初恋相手・ジュンサンにそっくりなミニョン(ペ・ヨンジュン/二役)が突如現れ、婚約者のサンヒョク(パク・ヨンハ)との間で心を揺らす波乱の恋愛ドラマ。
カン・ジュンサンとイ・ミニョンの一人二役を見事に演じたペ・ヨンジュンと涙の女王チェ・ジウの尊い演技、美しい雪景色や叙情的な音楽など「冬のソナタ」は多くの人を魅了しました。
また、ロケ地をめぐる聖地巡礼が流行したり、ペ・ヨンジュンが来日した際に2万人以上のファンが詰めかけるなどの「冬ソナ現象」が巻き起こり、大きな話題に。日本での人気は凄まじく、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは日本の当時のCMにも出演していました。今では当たり前になっている韓流コンテンツも「冬のソナタ」のおかげと言っても過言ではないですね。

第2位:宮廷女官チャングムの誓い/主演:イ・ヨンエ(2003年)(352票)

  • どんなに苦境に立たされても、頑張って乗り越えていく物語に、胸が熱くなりました
  • 何回も見てハマった
  • ドロドロした韓流時代劇だったなぁ…もぅこの作品から何年経っただろう…懐かしい

アジア中で大ヒット!2位は宮廷女官チャングムの誓い/主演:イ・ヨンエ(2003年)!

最高視聴率57.8%を叩き出した韓流ドラマの人気作「宮廷女官チャングムの誓い」が第2位!
朝鮮王朝時代、不幸な家庭環境に生まれたチャングム(イ・ヨンエ)が、自らの才能と精神力で困難を乗り越え、宮廷料理人として、のちには医女として活躍するサクセス・ストーリー。
このドラマで一躍韓流スターとなった主演のイ・ヨンエですが、全56話もの大作を演じられるか不安に感じ、当初は出演を決めかねていたそうです。しかし、先輩たちに相談をし出演を決意。役作りのため宮廷料理研究院で10日間深夜まで特訓を受け、撮影中はあまりの辛さに車の中で泣いたこともあったのだとか。今では双子の男女を育てる母でもあるイ・ヨンエ。この「宮廷女官チャングムの誓い」は忘れることができない大切な作品だと韓国メディアの取材で語っています。

第3位:天国の階段/主演:クォン・サンウ(2003年)(246票)

  • 泣けて泣けて仕方なかったです
  • このドラマがきっかけで韓ドラや韓国の俳優さんたちに興味を持ちました
  • 悲しいドラマでしたが、本当に好き

運命に翻弄される2人に涙が止まらない!3位は天国の階段/主演:クォン・サンウ(2003年)!

韓国で最高視聴率45.3%を記録した大ヒット作、「天国の階段」が第3位にランクイン!日本でも何度も放送された名作ドラマです。
デパートや遊園地を経営するグローバルグループ会長の一人息子ソンジュ(クォン・サンウ)と有名な建築家の娘チョンソ(チェ・ジウ)は、幼い頃から家族ぐるみの付き合いできょうだいのように育ちました。成長した2人が再会を約束して別れるも、チョンソが記憶喪失になり別人チスとして生きていた、など過酷な運命が2人を襲います。
また、この作品でチェ・ジウは「涙の女王」と呼ばれるようになりましたが、クォン・サンウも「涙の貴公子」という愛称を付けられるほど人気を博しました。アジア中で一大ブームを巻き起こした涙なくしては語れない純愛ラブストーリーです。

第4位:私の名前はキム・サムスン/主演:キム・ソナ、ヒョンビン(2005年)(213票)

4位は私の名前はキム・サムスン/主演:キム・ソナ、ヒョンビン(2005年)!

韓国で最高視聴率50.5%をマークした、韓流ラブコメの最高傑作「私の名前はキム・サムスン」が第4位!
どこにでもいる平凡な女性が、自分よりも年下のハンサムなエリート男性と恋に落ちるロマンチックなラブストーリー。韓国版「ブリジット・ジョーンズの日記」とも言える作品で、日本でも大人気のドラマとなりました。
出会いは最悪だった2人が、紆余曲折を経てお互いに惹かれ合っていく姿にキュンキュン間違いなしのドラマです。
韓国を代表する女優として活躍しているキム・ソナですが、このドラマの役作りのために10kg以上も体重を増やしたそう。世界的大スターとして数々の作品に出演しているヒョンビンも、ドラマ撮影時はまだ駆け出しだったため、どこか可愛らしく初々しさが残っています。

第5位:コーヒープリンス1号店/主演:ユン・ウネ、コン・ユ(2007年)(210票)

5位はコーヒープリンス1号店/主演:ユン・ウネ、コン・ユ(2007年)!

イ・ソンミの小説をドラマ化した、「コーヒープリンス1号店」が第5位にランクイン!
祖母の命令でコーヒープリンス1号店を立て直すことになったハンギョル(コン・ユ)と、家計を支えるために男性店員として働くことを決めたウンチャン(ユン・ウネ)が織りなすラブコメディ。男性だと思っているウンチャンに惹かれて思い悩むハンギョルのコミカルな演技が面白く、少しずつ近づいていく2人の関係が胸キュンを誘うと、韓国で最高視聴率30.6%を記録する大人気ドラマとなりました。

今や第一線で活躍するコン・ユやユン・ウネですが、このドラマの撮影時はまだ若く、駆け出しだったため2人にとっては青春の1ページのような作品だったそうです。2021年に放送されたKNTV「もう一度、二十歳~コーヒープリンス1号店編」では、13年ぶりにキャストが集結。当時を映像で振り返りながら思い出を語り、ファンを喜ばせてくれました。

第6位:宮~Love in Palace/主演:チュ・ジフン、ユン・ウネ(2006年)(171票)

6位は宮~Love in Palace/主演:チュ・ジフン、ユン・ウネ(2006年)!

第7位:ごめん、愛してる/主演:ソ・ジソブ(2004年)(159票)

7位はごめん、愛してる/主演:ソ・ジソブ(2004年)!

第8位:イヴのすべて/主演:チャン・ドンゴン(2000年)(155票)

8位はイヴのすべて/主演:チャン・ドンゴン(2000年)!

第9位:美しき日々/主演:イ・ビョンホン(2001年)(151票)

9位は美しき日々/主演:イ・ビョンホン(2001年)!

第10位:イ・サン/主演:イ・ソジン(2007年)(148票)

10位はイ・サン/主演:イ・ソジン(2007年)!

第一次韓流ブームの韓国ドラマ人気ランキング

以上、20代以上の女性2,870名が選んだ<第一次韓流ブームの韓国ドラマ人気ランキング【2000~2008年】>でした!

編集者:松本楓
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:20代以上の女性2,870名
調査日:2022年9月4日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次