【少年ジャンプ限定】「主人公のクオリティが高い!」と思う実写映画ランキング

目次

第4位:「銀魂」 坂田銀時(小栗旬)

「小栗君だと、少し硬めの銀さんになるかなと思っていたけど、キャラクターの性格などをよくとらえてると思った」
「コスプレ感多かったけど小栗旬の銀さんはありだと思った。映画館で見たけど、銀さんがスクリーンに居た」

2004年~連載中、2017年7月に実写映画化。銀髪、死んだ魚のような目、独特なファッション…そんな坂田銀時を演じたのは小栗旬さん。

コスプレ感強いのは否めませんが、それも魅力の一つ。ギャグモードのときは気だるい感じ、シリアスモードのときはキリッと男らしい感じを再現してくれました。見た目、喋り方、アクション、すべてにおいて銀さんそのもの。

第3位:「HK/変態仮面」 色丞狂介/変態仮面(鈴木亮平)

「これを超えるものはない」
「まさかこの漫画を実写で演じてくれる俳優さんがいようとは思いもしなかった。それもあの衣装で!」
「カラダ作り完璧だと思います」

1992年~1993年連載し、2013年に実写映画「HK 変態仮面」、2016年には第2作「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」が公開。

実写化と聞いただけで「ウソでしょ?」と思いますが、あの鈴木亮平さんがやっちゃいました。しかも肉体改造を行い、超筋肉質なカラダを作り上げたそうです。一見ふざけてるけど、めちゃめちゃかっこいいヒーローです!!

気になる2位・1位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次