みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • あるある
  • 【まだ平成だけど】“令和あるある”ランキング【フライングゲット】

【まだ平成だけど】“令和あるある”ランキング【フライングゲット】(3~5位)

公開:2019-4-3


第5位:「R」なのか「L」なのか



「発表された瞬間、疑問に思ったから」
「悩みどころ」
「令和18年生まれが「L18」か「R18」かの違いは重要だから」


これはハッキリとした正解があります!

【正解】
×Leiwa
〇Reiwa

令和18年生まれの表記は「R18」になりますね。これにはTwitter上でも、「それを言ったら、平成は生まれたときからH」などの擁護論(?)が。そういう話好きね~。

第4位:昭和がすごく古く感じる



「昭和時代の明治みたい」
「自分が三つの元号を生きているなんて、年寄りになった気分」
「平成も年寄りに思える」


時間は平等に過ぎていくだけなのに、元号が変わるだけで加齢が進む気がしますね…。どうしてなんでしょう。
昭和が長く続いたこともあって、「元号をまたいで生きる」ということが、長い時代を生きている、と置き換えられるのかもしれません。いろんな時代を見られてHAPPYと捉えましょう!



第3位:万葉集がとにかく売れる


「もう書店で追加注文している」
「私も興味ある。長い文章は難しいのでマンガやアニメで紹介してほしい」
「経済的でいいんじゃないかな」


「令和」は、万葉集の梅花の歌32首の序文

「春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫らす」

からの引用であると発表されましたね。

春の訪れを感じて梅見に集まった人たちが、楽しんで詠んだ文章だとか。
明るい未来を感じさせます!


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…