【ゲラゲラポー】好きな幽霊・妖怪漫画ランキング<少年・少女漫画編>

目次

第3位:地獄先生ぬ~べ~

「怖いより可愛く面白い」
「笑いあり涙あり、何時もは頼りない先生も生徒を守る時には”鬼の手”の力で守り通す」
「ラストは必ずいい感じになる」

原作:真倉翔、作画:岡野剛による少年漫画「地獄先生ぬ~べ~」。

元々は90年代の割と古い作品なのですが、2014年に「地獄先生ぬ~べ~NEO」として再復活し、新作読み切りが連載。その他アニメの再放送、文庫版の発売、さらには実写ドラマ化(主演:丸山隆平 関ジャニ∞)もあって、結果的に世代を超えた有名作品となりました。
雪女・座敷童子・大天狗など、有名な妖怪が多数出てくるので、日本人なら誰でも馴染みやすい漫画ですね~。

第2位:幽☆遊☆白書

「キャラが全部カッコいい!」
「小さいころよく読んでいたので」
「冨樫先生の漫画が好き」

「HUNTERXHUNTER」を連載(そして休載)中の、冨樫義博先生が描く幽霊バトル漫画、「幽☆遊☆白書」!
バトルイメージが強すぎて一瞬忘れかけますが、そういえばこちらも霊界・魔界が出てくる、れっきとした幽霊・妖怪漫画。あんなに人間っぽいのに、蔵馬や飛影も妖怪の仲間なんですよ…!(妖狐蔵馬かっこいいですよね)

「HUNTERXHUNTER」も面白いですが、「幽☆遊☆白書」も同じぐらい面白いので、ハンターしか読んでいない方はぜひ読みましょう。

さて、では気になる1位は?

気になる1位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次