みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

鬱アニメおすすめ人気ランキング【2011年以降のトラウマ名作】(16~20位)

公開:2021-3-2 更新:2021-9-3

子供向け大人向けを問わず、様々なジャンルで製作されてきたのが日本のアニメ。2000年代に入ってからは、深夜アニメの隆盛と共にハードな描写のあるアニメも増えましたが、観ているだけでメンタルがガリガリと削られる「鬱アニメ」も1つのジャンルとして確立しました。

そこで、今回は2011年以降に製作された「最近10年の鬱アニメ」という内容で人気ランキングを実施!
アニメファンにトラウマを植え付けた数々の作品登場の注目ランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「鬱アニメおすすめ人気ランキング」のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)4,833名/調査日:2021年2月13日

鬱アニメおすすめ人気ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!あなたがハマった、トラウマになった鬱アニメの順位は?最近10年の「鬱面白い」おすすめ名作をランキング形式でご紹介!注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第20位:新世界より(2012年)(131票)





20位はSF・ファンタジーアニメ「新世界より」。物語の舞台は1000年後の日本、人々が「呪力」と呼ばれる超能力を手にした未来。一見すると平和で、和風な雰囲気が漂う穏やかな時代に見えますが、主人公の渡辺早季をはじめとする子どもたちが世界の秘密を知ってしまい……?不気味で謎めいた世界観、次々と明かされていく衝撃の真実に、心を病みながらもドハマリしたファンは多いでしょう!

【配信中サイト】U-NEXTなど




第19位:輪るピングドラム(2011年)(134票)





19位はファンタジーアニメ「輪るピングドラム」。高倉家で展開する究極の家族愛&兄妹愛を描いた物語であり、第1話からメインヒロインであり不治の病に侵される主人公の妹が死んでしまう展開にショックを受けた方も多いハズ。シュールな笑いや幾原邦彦監督らしい独特の演出も話題となりましたが、それより何より物語中盤以降から始まる作品テイストの豹変っぷりに驚いたという声も多数上がります。オリジナルアニメということもあり、先が全く読めない展開と高倉家に訪れる結末が気になり、最後まで目が離せない強烈な魅力を持ったアニメでした。

【配信中サイト】U-NEXTなど




第18位:星合の空(2019年)(136票)





<<ネタバレあり>>
18位は青春・スポーツアニメ「星合の空」。廃部寸前のソフトテニス部を舞台に、男子中学生という年頃の少年たちが織りなす青春群像劇です。主人公の中学2年生・桂木眞己をはじめ、多くのキャラクターが複雑な家庭環境と境遇に置かれていることもあり、描かれた内容はリアルで心苦しくなります。LGBTを含めた様々な問題提起や、親子関係の描写は特に印象的であり、視聴していくうちにげんなりしていくアニメファンは数知れず。最終話となった第12話ラスト、主人公が包丁を手にするシーンで終わるという唐突すぎる幕切れも衝撃的でした……。

【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど




第17位:クリオネの灯り(2017年)(141票)





17位は青春アニメ「クリオネの灯り」。明確に「いじめ」をテーマに据えた10分枠のショートアニメであり、10分というわずかな時間に詰め込まれた物語が激重、ということでアニメファンの間でひそかな話題に。1話開始直後、病弱な主人公の女子中学生・雨宮実に対する陰口のシーンからなんとも言えぬリアリティがあり、この先の不安な展開を感じさせましたが、紆余曲折を経た終盤でもやっぱり訪れるのは鬱展開……。独特な作画と声優陣の演技も非常に印象的であり、良くも悪くも記憶に残る作品であったのは間違いないです。

【配信中サイト】U-NEXTなど




第16位:がっこうぐらし!(2015年)(146票)





16位は学園・ホラーアニメ「がっこうぐらし!」。「監獄学園」や「干物妹!うまるちゃん」など強烈なアニメが目白押しだった2015年夏アニメでも、特にインパクトを残した作品とも言われる本作。それもそのはず、番宣CMや表向きのキャラビジュアルからはどう見ても「ほのぼの日常系!カワイイ女子高生たちの学生生活!」という感じだったのに、蓋を開けてみたら「ゾンビが蔓延する世界で展開するサバイバルホラー」というまさかの惨劇……。マスコット的な犬として登場する太郎丸をめぐる一連の出来事も辛いものであり、視聴者の心にグサっと刺さったのは間違いないでしょう。

【配信中サイト】Netflix、hulu、U-NEXTなど



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…