みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

名脇役だと思う女優ランキング<存在感が強い>(11~15位)

公開:2020-10-5

名脇役だと思う女優ランキングTOP20!

15位から11位を発表!あなたが名脇役だと思う女優は何位?注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第15位:板谷由夏(100票)

15位の名脇役女優は板谷由夏さん!サバサバしたキャリアウーマンの役や母親役が多く、ドラマに欠かせない存在です。2017年のドラマ「セシルのもくろみ」では雑誌編集長の黒沢洵子を演じていました。ドラマ「ファースト・クラス」でもカッコ良すぎる編集長役を演じていて、まさにバリキャリ女性がハマり役!仕事をクールにバリバリこなす姿に憧れた人も多いのでは!?2017年のドラマ「母になる」では主人公のママ友、西原莉沙子を演じていたのも印象深いですね。








第14位:田畑智子(101票)

14位の名脇役女優は田畑智子さん!1993年の映画「お引越し」でデビューし、芸能界入りしました。優しい女性の役から主人公を陥れようとする悪女の役まで幅広く演じられるカメレオン女優です。2014年のフジテレビ系ドラマ「ファースト・クラス」ではハングリー精神が強いフリーライターの木村白雪を演じました。表では笑顔でも心の中で毒づく姿が怖かったですね(笑)これからも唯一無二の存在感でドラマにスパイスを与えていきそう!








第13位:広瀬アリス(102票)

13位の名脇役女優は広瀬アリスさん!主人公の妹役や職場の若手社員役が多く、ドラマを盛り上げていますね。2017年の連続テレビ小説「わろてんか」では旅回りの一座の秦野リリコを演じ、その気風の良さで視聴者に元気を与えてくれました。元気で明るい役が似合う広瀬アリスさん。2020年10月22日からスタート予定の「七人の秘書」にも出演します!










第12位:木南晴夏(120票)

12位の名脇役女優は木南晴夏さん!2001年ホリプロのオーディションでグランプリを獲得して芸能界入りし、2004年のドラマ「桜咲くまで」でデビューしました。ナチュラルかつ気品がある雰囲気でどんな作品にも馴染めるところが魅力です。テレビ東京系ドラマ「勇者ヨシヒコシリーズ」では勝気な村娘のムラサキをコミカルに演じていました。様々なパロディを器用にこなせるのは木南晴夏さんの演技力あってこそ!「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」では主人公・紗和の夫を誘惑する部下を演じて、怪演ぶりが「怖い」「妙にリアル」と話題になりました。シリアスなドラマからコミカルなドラマまでこれからもどんどん活躍していきそう!






第11位:鈴木砂羽(124票)

11位の名脇役女優は鈴木砂羽さん!文学座の研究生出身で1994年に映画「愛の新世界」で主演デビューを果たし、今でも様々な映画やドラマに出演し続けています。個性的な役から普通の主婦まで、演じられる役柄が幅広く、どんな作品にも自然に馴染みます。2017年の日本テレビ系ドラマ「ブラックリベンジ」では主人公を陥れるカウンセラーの糸賀朱里を演じ、25年越しの復讐を果たす姿に引き込まれました!悪役もハマるベテラン女優です。






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!