みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

歴代サッカー日本代表選手イケメンランキング(6~8位)

公開:2021-7-28 更新:2021-10-22

第8位:三浦知良(横浜FC)(65票)※同率


  • やっぱりキングカズしかいない!

  • いまだに現役。すべて含めてすごい人!

  • 元祖イケメンサッカー選手!ダンディな魅力!

常に挑戦し続けるレジェンドプレイヤー!8位は三浦知良(横浜FC)!


同率8位はJリーグ・横浜FC所属のFW・三浦知良選手。2021年現在、54歳となった三浦選手ですが未だに現役J1リーガーとしてプレー中!高校を中途退学してブラジルでプロになることを目指し、サントスFCとプロ契約してその夢を達成。Jリーグで最初に所属したヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ1969)でも点取り屋として活躍し、ゴールを決めた時に見せるカズダンスでも一世を風靡しました。また、東日本大震災復興支援チャリティーマッチで見せた、当時44歳の三浦選手のゴールに感動を覚えたファンも多いでしょう!プライベートでもビシっと決まったスーツ姿、ダンディな言動で注目を集め、男性が、女性が憧れるレジェンドプレイヤーですね!

第7位:川口能活(日本代表等のGKコーチ)(66票)


  • 存在感がハンパなかった

  • 眼力強めの守護神で目立ってました!

  • 見た目だけで無くゴールを守る姿勢が超かっこ良かった

神がかったセーブを連発!日本の壁となった炎の守護神!7位は川口能活!


7位は現役時代にJリーグ・横浜マリノス、ジュビロ磐田などで活躍した川口能活元選手。日本代表のGKとして歴代最多出場となる116試合でゴールマウスを守り、男前な顔に気迫をみなぎらせてプレーする姿に惚れたファンも多いはず!特にAFCアジアカップ2004での神がかり的なセーブの連発は語り草。フィールド最後方から大きな声を張り上げ、味方に指示を出す姿も印象的でした。1996年アトランタオリンピックで、ブラジルを破った「マイアミの奇跡」の時に着ていた緑地に炎の柄のユニフォーム姿、1998年フランスワールドカップ本戦で着ていた黒地に炎の柄のユニフォーム姿もカッコよかったです!

第6位:オナイウ阿道(トゥールーズFC/フランス)(71票)


  • まるでモデル!

  • 身体能力が高すぎる~!

  • 斬新な髪型も似合ってる

A代表初先発でハットトリック!進化を続ける25歳!6位はオナイウ阿道(トゥールーズFC/フランス)!


6位は2021年7月に横浜F・マリノスからフランスのトゥールーズFCに移籍したFW・オナイウ阿道(あど)選手。日本人の母、ナイジェリア人の父を持つオナイウ選手。横浜F・マリノス時代は、Jリーグ2021シーズンで注目されるFWの1人でした!クラブでは同僚FW・前田大然選手と共にゴールを量産し、優れた得点感覚で横浜F・マリノス攻撃陣を牽引。また、近年ではA代表にも招集されるようになり、カタールW杯アジア二次予選のキルギス戦ではA代表初先発ながらハットトリックを達成。サッカー選手としての能力が評価されるのはもちろんですが、身長180cmのスラっとした体型、異国情緒あふれるセクシーな風貌もあって人気が高まりつつあります!


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…