みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

歴代日本人メジャーリーガーイケメン度ランキング(16~20位)

公開:2021-3-30

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

1964年、日本人初(そしてアジア人初)のメジャーリーガーとなった村上雅則元選手を出発点とし、1995年にメジャー契約を結んだのが史上2人目の日本人メジャーリーガー・野茂英雄元選手。

以降、数多くの侍たちがアメリカへ渡った歴史があり、テレビやネットで報じられる活躍に夢中になった方も多いはず!そこで、今回は「歴代日本人メジャーリーガーイケメンランキング」というテーマで調査を実施!野球選手としての素晴らしい実績と、女性・男性関係なく夢中になった憧れのルックスを併せ持つスター選手が続々登場の注目ランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「歴代日本人メジャーリーガーイケメン度ランキング」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:12,430名/調査日:2021年3月23日)

歴代日本人メジャーリーガーイケメン度ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!大リーグで活躍する日本人メジャーリーガー。その中でもあなたがイケメンだと思う選手は誰?人気の日本人メジャーリーガーをイケメン度でランキング!気になる投票結果をご覧ください!


第20位:上原浩治(155票)

20位はボルチモア・オリオールズなどメジャー4球団に在籍した上原浩治元選手。1998年のドラフトで読売ジャイアンツに逆指名(ドラフト1位)で入団し、以降は抜群の制球力を武器に投手四冠王や沢村賞を獲得するなど球界を代表するピッチャーとして活躍!187cmという長身もあって、若い頃は爽やかでシュっとしたイメージが強かったですが、メジャー挑戦後に見せたルパン三世のような短髪&モミアゲを生やした独特のスタイルも印象的でカッコよかったです!







第19位:福盛和男(156票)

19位はテキサス・レンジャーズに在籍した福盛和男元選手。1994年にドラフト3位で横浜ベイスターズに入団し、それからさらに国内2球団を経てテキサス・レンジャーズへFA移籍!楽天時代は主にクローザーとして活躍し、若い時もベテランになってからもハンサムな顔立ちで女性ファン人気が高かった選手の1人です!若い頃は長めの茶髪をなびかせたスタイルがなんともキマっていましたね!







第18位:佐々木主浩(170票)

18位はシアトル・マリナーズに在籍した佐々木主浩元選手。1989年にドラフト1位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に入団し、1998年には守護神として横浜ベイスターズの日本一に貢献!プロレスラーのような体格は威圧感抜群、落差の大きいフォークボールを武器にメジャーでも「大魔神(Daimajin)」の異名で大活躍しました!男らしいガッシリした風貌、頼りがいがありそうな所に惹かれちゃいます!







第17位:斎藤隆(178票)

17位はロサンゼルス・ドジャースなどメジャー5球団に在籍した斎藤隆元選手。1991年にドラフト1位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に入団し、NPB時代は先発投手として活躍。メジャー挑戦時は既に30代後半でしたが、直球とスライダーを武器にリリーフピッチャーとして超安定した活躍を見せ、メジャー5球団を渡り歩いた経歴がスゴすぎます……!若い頃は球界屈指のイケメンと持て囃されましたが、うっすらとヒゲを生やしたベテラン時代の渋い顔立ちはいかにも「仕事人」といった雰囲気でカッコよかったです!







第16位:井口資仁(188票)

16位はシカゴ・ホワイトソックスなどメジャー3球団に在籍した井口資仁元選手。1996年に逆指名(ドラフト1位)で福岡ダイエーホークスに入団し、レギュラー奪取後は走攻守全てが高い水準で備わったホークス不動の二塁手として君臨!2005年にホワイトソックスへ移籍し、日本人初となるワールドシリーズ優勝を果たしました!濃い顔立ちの彫りが深いイケメンであり、華麗なプレーもあって昔から女性ファン人気も非常に高かったです!現在は監督として千葉ロッテマリーンズの指揮を取り、相も変わらぬカッコイイお姿を目にすることができます!






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…