みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • 音楽
  • 【40~60代に聞いた!】運動会で流れていた定番曲ランキング

【40~60代に聞いた!】運動会で流れていた定番曲ランキング(1~2位)

公開:2018-10-21 更新:2020-4-17

第2位:トルコ行進曲(モーツァルト)


「入退場は必ず流れてた」
「ピアノでも弾いたことがあるから」
「運動会の定番の曲はこれ」
「秋になると近くの中学校から聞こえてきます」


第2位は、『曲名で覚えてた』人気の「トルコ行進曲」。
フレーズを思い出すクラシックランキング」でも上位獲得だったので知名度が伺えますね。

第1位:天国と地獄(オッフェンバック)


「騎馬戦ではこれが余計雰囲気を駆り立てていたような気がする」
「走る競技にふさわしい」
「勝つが『天国』負けるが『地獄』よく似合う」
「この曲を聞いただけで運動会の雰囲気が出るので」
「運動会といえばこの曲だと思う」
「タイトルは大人になってから知った」


第1位は天国と地獄でした!
「子供の頃、これを聞かない年は無かった」 確かに、毎年必ず聴く曲でしたね。とにかく大音量でよくかかってたのを思い出します。


タイトルと曲が一致しない…という意見も多かったので、これなら知ってるじゃろ?って曲もついでいご紹介!
6位「トランペット吹きの休日」

8位「道化師のギャロップ」

「平日に子供の学校であったけど、ダンシングヒーローとかマルマルモリモリとか、プリキュアとかで…」と、一抹の寂しさを呟くお母様もいらっしゃいました。
たまには懐かしい運動会曲として使ってもらいたいですね。

「運動会で流れていた定番曲ランキング」
TOP10
  • 1位天国と地獄(オッフェンバック)
  • 2位トルコ行進曲(モーツァルト)
  • 3位ウィリアム・テル序曲(ロッシーニ)
  • 4位クシコス・ポスト(ヘルマン・ネッケ)
  • 5位星条旗よ永遠なれ(スーザ)
  • 6位トランペット吹きの休日(ルロイ・アンダーソン)
  • 7位見よ、勇者は帰る(ヘンデル)
  • 8位道化師のギャロップ(カバレフスキー)
  • 9位熊蜂の飛行(リムスキー・コルサコフ)
  • 10位狩りのポルカ(ヨハン・シュトラウス2世)
編集者:北見
調査方法:40~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:3,303名
調査日:2018年10月19日

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    いいね!と思ったら押してね