みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

日本の実話映画人気ランキング名作TOP20【2020年最新版】(6~8位)

公開:2020-10-15


第8位:佐賀のがばいばあちゃん(2006年)(417票)


  • 辛いこともおもしろおかしく描かれているし、昔の人の言葉は心にしみる

  • 貧乏を笑いに変えてくれている

  • 超楽しいし感動しました


お笑い芸人・島田洋七さんの自伝的物語!第8位は佐賀のがばいばあちゃん(2006年)!


8位は現在お笑い芸人として活躍する島田洋七さんが、少年時代に生活を共にした祖母・おさのばあちゃんとの日々を描いた「佐賀のがばいばあちゃん」。貧しいながらも明るく逞しく元気いっぱいなおさのばあちゃんが醸し出す温かさと笑い、さらには人情味のあるシナリオも高評価されました!がばいばあちゃんと島田少年の絆だけでなく、周囲の優しい人々の手助けや、昭和期を知る方にとっては懐かしの景観も感動ポイントとなっております!
【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど


第7位:8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年)(464票)


  • テレビのニュースでみた時から気になってた。映画になった時、ああ、このニュース見たと思った

  • 泣きました。人ってすごくいいなと思えて

  • 忍耐強さや愛を感じる


全てが美しい奇跡のような本当の話!第7位は8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年)!


7位は結婚式を前に難病によって昏睡状態に陥った女性と、そんな彼女に寄り添い続けた婚約者の姿を描く「8年越しの花嫁 奇跡の実話」。土屋太鳳さん演じる麻衣が病に倒れ、昏睡状態となって数年。その間、回復を信じて病院に通い詰めたのが佐藤健さん演じる尚志でしたが、結婚を約束した2人の間にはさらなる困難が待ち受けており……。人を信じること、愛することの大切さを美しく描いた奇跡的な物語は実話だからこそさらに泣けます。佐藤健さんのファンなら必見の映画です!
【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど




第6位:それでもボクはやってない(2007年)(475票)


  • 身につまされる、怖い冤罪の映画。自分ならどう対応しただろうかと、考えさせられた

  • 冤罪の怖さ、自らの潔白を晴らす難しさなど他人事ではないと感じさせる話だった

  • 痴漢冤罪の実態、有罪率99%という日本の刑法・司法の中世のような前時代的異常さを赤裸々にした傑作


誰にでも起こり得る冤罪の恐ろしさ……!第6位はそれでもボクはやってない(2007年)!


6位は数々の痴漢冤罪事件を原案として製作された「それでもボクはやってない」。主人公の男性・金子が満員電車内で痴漢と間違われ、無実を訴えるもそのまま勾留、起訴と刻一刻と悪化していく状況はホラー的です。示談による解決を拒み、徹底抗戦を掲げるも周囲の目には厳しいものがあり……。99.9%という痴漢有罪率の一見してわかる異常な数値は衝撃的ですが、そんな脅威が日常に潜み、誰にでも起こり得るという事実と裁判制度の歪さに恐ろしくなります。
【配信中サイト】Amazonプライムビデオ、dTVなど



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…