みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

笑える名作邦画ランキング・BEST20【おすすめコメディ映画】(9~10位)

公開:2020-3-31 更新:2020-6-17



第10位:HK/変態仮面(2013)(104票)


  • 「僕のおいなりさんというセリフが、忘れられない。鈴木亮平さんが、ぴったり合っていた」
  • 「見ていて恥ずかしくなるが現実逃避出来てスッキリする」
  • 「まず実写化されることに驚き、鈴木亮平さんの役作りに脱帽。笑いだけではなくクオリティーの高さに大満足の作品だから」


真摯に変態を描いたド変態映画!第10位はHK/変態仮面(2013)!


この映画を解説するのは野暮です。主演・鈴木亮平さんがいいカラダを作って、ただ思いっきり変態やってる映画です(讃えてます)。安田顕さんもそれに応えてしっかり変態やってる映画です(讃えてます)。原作マンガにおける徹底したくだらない感じ、その再現度のクオリティがハンパないです(讃えてます)。ひとつ注意すべきことといえば、電車の中などで見てはいけないということです。2013年(平成25年)公開。



第9位:銀魂(2017)(120票)


  • 「俳優さんたちの普段見れないような変顔があったり演技が面白い」
  • 「キャラクターが個性的で一人一人が面白いから」
  • 「銀さん大好き!おバカすぎる映画で最高!」


超豪華キャストが全力でふざけてます!第9位は銀魂(2017)!


週刊少年ジャンプに掲載されていた漫画を実写映画化した作品で、2017年(平成29年)に公開。翌年に続編も公開されています。監督・脚本は福田雄一さんで、16位『斉木楠雄のΨ難』、10位『HK/変態仮面』も監督。ギャグ漫画の実写化において今、福田監督の手掛ける作品は「間違いなし」です。小栗旬さん、橋本環奈さん、菅田将暉さんをはじめ超豪華キャストが全力でおふざけに興じる痛快な作品!




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…