みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

2020年版!サスペンス映画名作ランキング【2011年以降公開の最新版】(16~20位)

公開:2020-10-2

先の読めない展開、怪しいと思っていた人物がまさかの死亡、丁寧に張りめぐらせた伏線が回収された時の爽快感……など、物語を推理する楽しみとドキドキが詰まったのがサスペンス映画!大人だからこそ楽しめる様々なワクワクが詰まった名作が非常に多いのも特徴的です!そこで、今回は2011年以降に日本で劇場公開されたサスペンス映画から調査を実施!邦画・洋画を問わず、ゾクゾクっとしてしまう怖さも備えた名作多数登場の注目ランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「2020年版!サスペンス映画名作ランキング【2011年以降公開の最新版】」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:9,104名/調査日:2020年9月22日)


2020年版!サスペンス映画名作ランキング【2011年以降公開の最新版】TOP20!

まずは20位から16位を発表!あなたがスリリングな展開やどんでん返しに「ゾクゾクした」サスペンス映画の順位は?2011年~2020年に公開された最近の人気サスペンス映画の決定版ランキング!おすすめの名作・傑作が揃った注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第20位:ガール・オン・ザ・トレイン(2016年)(226票)

20位はミステリー・サスペンス映画「ガール・オン・ザ・トレイン」。アルコール依存症に悩まされるレイチェル・ワトソンを演じたエミリー・ブラントさんの悲壮感あふれる演技がとにかく印象に残った本作。レイチェルをはじめとした3人の女性が中心となって描かれる正統派ミステリーであり、人間の怖さと酒の恐ろしさを感じられる怖い映画です!
【配信中サイト】Amazonプライムビデオなど





第19位:ビースト・ストーカー/証人(2012年)(228票)

19位はアクション・サスペンス映画「ビースト・ストーカー/証人」。香港が誇る人気映画監督であるダンテ・ラムさんが「とある誘拐事件」を描いた本作は、アクション要素と終盤のサスペンス要素が魅力の一作!ダンテ・ラム監督特有の重い作風によって緊張した時間が続き、心をどんどん圧迫してくる悲痛なストーリー、やるせなさが後を引きます……。
【配信中サイト】Netflixなど





第18位:10 クローバーフィールド・レーン(2016年)(230票)

18位はSF・サスペンス映画「10 クローバーフィールド・レーン」。突然の交通事故から目覚めた女性・ミシェルが怪我をした状態でシェルターに監禁され、初老の男性でシェルターを作った主・ハワード、同じく怪我をした青年・エメットを含む3人での奇妙なシェルター生活が描かれる密室劇です。シェルターの外の世界はどうなっているのか、ハワードの言う「外は危険だ」という忠告は本当なのか?様々な「恐怖」に終始支配されるサスペンスです!
【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど





第17位:プリズナーズ(2014年)(232票)

17位はクライム・サスペンス映画「プリズナーズ」。娘を誘拐された父親・ケラーを演じたヒュー・ジャックマンさんをはじめ、役者陣の熱演が光った本作。誘拐事件に進展が見られない焦りから、ケラーが常軌を逸した行動に走ってからの緊迫感は凄まじく、宗教的な観念を絡めつつ進行するストーリーにドキドキしっぱなしです!上映時間153分とやや長めの作品ですが見応えは十分で、そこまで有名なワケではありませんが知る人ぞ知る名作と言えるでしょう!
【配信中サイト】Netflix、U-NEXTなど





第16位:スリー・ビルボード(2018年)(258票)

16位はクライム・サスペンス映画「スリー・ビルボード」。第90回アカデミー賞では6部門計7つでノミネートされた映画であり、娘を殺された母親ミルドレッド・ヘイズを演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞、警察官ジェイソン・ディクソンを演じたサム・ロックウェルが助演男優賞と2部門で栄冠に輝いたことも評判に!警察の捜査体制に不信感を抱いたミルドレッドが、その姿勢を糾弾するために立てた「3つの看板」から思わぬ騒動に発展していく様を描きます。紆余曲折するものの、最後には思いもよらぬ結末を迎えたのも本作を名作たらしめた理由でしょう!
【配信中サイト】U-NEXTなど




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…