みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

東野圭吾の人気実写化作品ランキングTOP20【映画・ドラマ化】(9~10位)

公開:2020-8-3



第10位:人魚の眠る家(映画)(159票)







涙なしでは見られないヒューマンミステリー!第10位は人魚の眠る家(映画)!


10位は2018年に堤幸彦監督にて映画化されたヒューマンミステリー「人魚の眠る家」。原作は、東野圭吾さんの作家デビュー30周年記念作品の同名小説です。事故により意識不明となった我が子を守り抜こうともがき苦しむ仮面夫婦を描いた本作は、主人公の母親役を篠原涼子さん、そして父親役を西嶋秀俊さんが演じました。奇跡を信じた決断が、運命を狂わせる…クライマックスは涙なしでは見られません!



第9位:ラプラスの魔女(映画)(164票)







事故か完全犯罪か?!第9位はラプラスの魔女(映画)!


9位は、2018年に三池崇史監督により映画化されたサスペンスミステリー「ラプラスの魔女」。原作は「人魚の眠る家」同様、作家デビュー30周年記念作品として2015年に刊行された同名小説です。
硫化水素による不可解な連続死亡事故の真相を巡る地球化学専門の大学教授・青江(櫻井翔さん)の前に現れたのは、自然現象を次々と言い当てる魔女のような女性・円華(広瀬すず)。2人はさらなる事件へと巻き込まれ…。その他キャストは福士蒼汰さん、玉木宏さん、志田未来さんら豪華俳優陣!東野圭吾さんが「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」とコメントしたチャレンジングな作品となっています。




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…