みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

面白いNHK大河ドラマランキング<2000年以降>(1~2位)

公開:2022-6-11


第2位:龍馬伝(2010年)(917票)


  • 主役の福山雅治さんはもちろん、周りの役者さんも素晴らしい方ばかりで惹き込まれました

  • ドラマとしてかなりワクワクして見ていた。また、佐藤健さんをこのドラマで初めて知り、将来有望な役者だと感じた

  • 香川照之や福山雅治の絡み、武田鉄矢の勝海舟など、あの時代を生きる群像が素晴らしく描かれていたし、最もワクワクする時代背景だと思う



激動の時代を生きる人たちに心打たれた!2位は龍馬伝(2010年)!

明治維新を推し進める原動力となった、幕末の風雲児・坂本龍馬の生涯を描いた「龍馬伝」。髪を伸ばしたり日に焼けて肌を黒くしたりと、史実の龍馬像に近づけた主演の福山雅治さんの本格的な役作りも素敵でしたよね!もう一人の主人公ともいえる三菱財閥創業者・岩崎弥太郎役には、香川照之さん!本作は岩崎弥太郎の視点で龍馬の生涯が描かれるという一風変わった作りで、ナレーションも弥太郎役の香川さんが務めました。数々の登場人物をダイナミックにかつ魅力的に描き、激動の時代を懸命に生きた龍馬の生涯に熱く心を打たれる作品です!


福山 雅治さんの記事一覧は、こちら

名前福山 雅治(ふくやま まさはる)
生年月日、 星座、 干支1969/02/06、 みずがめ座、 酉年
血液型O型
出身地長崎県
サイズ181cm
公式サイト、公式SNS福山雅治オフィシャルサイト
所属事務所公式プロフィール
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube
Weibo
プロフィール1969年2月6日生まれ。長崎県出身。1990年、「追憶の雨の中」でシンガーソングライターとしてデビュー。以降音楽活動・俳優・写真家・ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍。俳優としては、西谷弘監督作品「マチネの終わりに」(2019年11月公開)、岩井俊二監督作品「ラストレター」(2020年1月公開)での演技が評価され、「第12回TAMA映画賞」(2020年11月開催)にて最優秀男優賞を受賞。2020年12月には、音楽デビュー30周年を記念してリリースしたオリジナルアルバム「AKIRA」が、オリコン週間アルバムランキング初登場1位を獲得。「アルバム通算1位獲得作品数」をはじめ、「年齢4年代連続アルバム1位」、「シングル・アルバム総売上枚数」などの記録を更新した。
代表作TBS『集団左遷!!』(2019)
CDシングル『家族になろうよ/fighting pose』(2011)
TOKYO FM『福のラジオ』(2015~)
趣味・特技
職種俳優・女優・タレント/音楽



第1位:真田丸(2016年)(972票)


  • 人間らしさや世の道理をうまく描いていて面白かった

  • キャストも脚本も題字も音楽も全て素晴らしかった!堺雅人も草刈正雄も、内野聖陽の半べそ徳川家康も、最高でした!

  • 三谷幸喜脚本の大河ドラマは本当に面白い!もちろん『鎌倉殿の13人』も楽しんで観ています



人間味あふれる魅力的な傑作大河!1位は真田丸(2016年)!

戦国時代の人気武将・真田信繁(幸村)の生涯を描いた「真田丸」!堺雅人さんが主演を務め、現在放送中の「鎌倉殿の13人」でも脚本を手がける三谷幸喜さんの大河2作目となる本作。前半の見せ場である上田合戦から終盤の大坂夏の陣まで、三谷脚本ならではの軽快なテンポと時代考証をふまえた熱い展開が繰り広げられました!また、草刈正雄さん演じる真田昌幸のユーモアな会話劇や、信繁の幼馴染・きり(長澤まさみさん)の存在など魅力的な登場人物が脇を固め、人々の感情が行き交う奥行きのあるドラマに。SNSでも盛り上がりを見せ、多くの人を大河ドラマの世界に誘った作品が見事1位に輝きました!


面白いNHK大河ドラマランキング<2000年以降>

以上、全年代の男女(性別回答しないを含む)10,279名が選んだ「面白いNHK大河ドラマランキング<2000年以降>」でした!

【関連記事】
歴代大河ドラマで演技がすばらしかった主演ランキング<俳優・女優>

次に大河ドラマ主演を演じてほしい俳優ランキング

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」注目のキャストランキングTOP20

韓国の時代劇ドラマ人気ランキング!注目・おすすめ作品TOP20

「面白いNHK大河ドラマランキング<2000年以降>」
TOP10
  • 1位真田丸(2016年) (972票)
  • 2位龍馬伝(2010年) (917票)
  • 3位篤姫(2008年) (693票)
  • 4位軍師官兵衛(2014年) (579票)
  • 5位利家とまつ~加賀百万石物語(2002年) (574票)
  • 6位麒麟がくる(2020年) (532票)
  • 7位八重の桜(2013年) (520票)
  • 8位新選組!(2004年) (497票)
  • 9位おんな城主 直虎(2017年) (488票)
  • 10位西郷どん(2018年) (477票)
編集者:みしま
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)10,279名
調査日:2022年5月22日
※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    いいね!と思ったら押してね