みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

メガネが似合うイケメン俳優ランキング【2020年最新版】(6~8位)

公開:2020-1-29 更新:2020-2-13


第8位:横浜流星(203票)



なんにもしなくてもカッコいい横浜流星さんがメガネをかけたら、さらにカッコいい!「顔が綺麗だからメガネ負けしない!」「イケメンな顔がさらに際立つ!」メガネでさらにグレードアップして「メガネをかけたら無敵」ドラマ『はじこい』での”無敵ピンク”がさらに敵なしに!
映画『キセキ -あの日のソビト-』の少年っぽい黒メガネにキュンキュンしたけど、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のワイルドっぽさも捨てがたい~。




第7位:佐藤健(214票)



7位は佐藤健さん!
「知的で特に目が綺麗なので眼鏡をかけていてもイケメン」「完璧な美貌がメガネをかけるとちょっと可愛くなるのが素敵!」「佐藤健+眼鏡は、大きな瞳に可愛さ増し増し、シャープな顔立ちに色気増し増しと、色々楽しさ倍増になります」佐藤健+メガネに熱い声が続々。目が悪く仕事以外の時はメガネをかけていることが多いという佐藤さん。それなら、もっとメガネ姿を世に披露すべきだと強く訴えます!!




第6位:三浦春馬(265票)

この投稿をInstagramで見る

?  伊東鴨太郎役:三浦春馬さん コメント?  小栗さんから「福田監督は役者である自分たちのことを本当に思ってくれる方だ」と聞いていましたが、実際にそれを感じさせてくれる素晴らしい現場でした。作品は見事に銀魂らしいユーモアや、全力でふざける部分と、アクション満載の熱いドラマである真選組動乱篇が良いコントラストをなしていると感じました。伊東鴨太郎の所作や表情の作り方などキャラクターの特徴を遠いものにしてはいけないので原作やアニメを見て研究しました。例えば伊東のアイデンティティともいえるメガネを触れるタイミングや触れ方そのものにも注意しました。殺陣やアクションも楽しかったです。実は刀を使っての殺陣は映画では初めてでした。舞台での殺陣と映像での殺陣は見え方、見せ方が違うと自分では理解していましたが、それを改めて学んでいくような現場でもあり、最善を尽くして演じたからこそとても勉強になる現場でした。  #三浦春馬 #映画銀魂

映画『銀魂2』公式(@gintamafilm)がシェアした投稿 -


6位は三浦春馬さん!
プライベートでも仕事でもメガネをかけることが多く麗しいメガネ姿をよく見かける三浦さんですが、中でも強く印象に残っているのが、映画『銀魂2』の伊東鴨太郎役。ずれたメガネをすっと指で戻す仕草に失神するかと思いました。素敵すぎて。「メガネ男子に全く興味なかったけど『銀魂2』の伊東鴨太郎さまを見て考えが変わりました」という方までいて、その影響力の凄さは計り知れません。



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる上位は…