みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

関西弁にキュンとくる!イケメン男性芸能人ランキング【関西出身】(16~20位)

公開:2020-9-16

ドラマや映画で関西弁が使われていると、キュンとくることがありませんか?いつもは標準語なのにバラエティ番組のトークでふいに関西弁が出てしまう俳優さんにもときめいちゃう!そこで今回は、関西弁にキュンとくるイケメン男性芸能人ランキングをお届けします!

ランキングの集計方法

調査方法:10~30代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「関西弁にキュンとくる!イケメン男性芸能人ランキング【関西出身】」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:2,610名/調査日:2020年9月2日)


関西弁にキュンとくる!イケメン男性芸能人ランキング【関西出身】TOP20!

まずは20位から16位を発表!ドラマや映画の役柄や、ふとした瞬間の素の「関西弁」にキュンとくる男性芸能人とは?俳優・ジャニーズ・アーティストなど様々なイケメンがランクイン!注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第20位:加藤シゲアキ(NEWS)(59票)

20位は大阪府出身、NEWSの加藤シゲアキさんです。広島で生まれ、5歳から10歳までの幼少期を大阪で過ごし、その後横浜へ引っ越した加藤さん。大阪で過ごしたのは5年間ですが、関西愛は人一倍強くジャニーズのホームページでも出身地は「大阪」とはっきり書かれています。普段は標準語ですが、ふとした瞬間に出る関西弁がファンにとってのキュンポイントとなっています♪





第19位:林遣都(61票)

19位は、滋賀県出身の林遣都さんです。テレビドラマ「火花」の徳永役は、「関西弁喋れます」とアピールして掴んだ役。2019年に出演したNHK連続テレビ小説「スカーレット」は、林遣都さんの出身地・滋賀県が舞台となった作品で、ヒロインの幼馴染役を演じました。端正な顔立ちの林遣都さんが使う優しい関西弁はぐっときますね!





第17位:桐山照史(ジャニーズWEST)(62票) ※同率

17位は大阪府出身、ジャニーズWESTの桐山照史さんです。明るいキャラクターでバラエティでも引っ張りだこ。桐山照史さんの関西弁を聞くと、元気をもらえますよね!関西の戦後の港町を舞台にした全編関西弁でオールメールの舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」では、ロミオ役を演じて話題になりました。





第17位:桐谷健太(62票) ※同率

同じく17位は、大阪府出身の桐谷健太さんです。基本的に関西弁トークの桐谷健太さんには、地元愛が強く感じられますね。映画「オカンの嫁入り」「火花」、NHK連続テレビ小説「まんぷく」やドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」など、軽快な関西弁が聞ける作品がたくさんあります!





第16位:大谷亮平(63票)

16位は、大阪府出身の大谷亮平さんです。NHK連続テレビ小説「まんぷく」で話していた関西弁は、真一のまじめな性格を意識した大阪弁だったそうです。ダンディーな大谷亮平さんの低音ボイスな関西弁に、思わず胸キュンしちゃいますね!




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…