【ラジハ?Nのために?】若手実力派俳優・窪田正孝が輝いていた作品ランキング

目次

第8位:ヒモメン(主演・碑文谷翔 役)

「ダメ男なんだけど、可愛くて許しちゃう!」
「ヒモの素質がある(笑)」
「走っていく後ろ姿すらヒョロヒョロしてて、あの服の下に筋肉が隠れているとは到底思えないニートぶりだった」

8位はぎりぎりまで楽して生きたいヒモ男・翔くんを演じた「ヒモメン」!

上下スウェットのだらけた服装だけでなく、歩き方からしゃべり方までやる気ゼロ!ニート&ヒモっぷりが板につきすぎて、「Nのために」や「アンナチュラル」に出ていた繊細な彼と本当に同一人物なのか?!と何度も確認したくなるほどでした。緊張感が高まる役もいいけれど、ダラ~っとした役も似合うんだなあ~。可愛かったなあ~。

第7位:僕たちがやりました(主演・増渕トビオ 役)

「明るい面もシリアスな面もあり。トビオは窪田正孝くんしかできない」
「トビオのいろんな感情がとてもリアルに演じられていた」
「怯えた演技が天才的」

7位は主演ドラマ「僕たちがやりました」!

29歳で高校生役を演じるとあって心配の声もありましたが、始まってみるとこれが見事に違和感ゼロ!永野芽郁さん、新田真剣佑さんなどの若手キャストとの相性もバッチリで、原作を見事に再現していたと話題になりました。クールな演技も上手いけど、トラブルにどんどん巻き込まれていく“巻き込まれ型”の主人公がやたらハマるのも窪田さんの魅力!

ちなみに妻・水川あさみさんと出会った作品でもあります!

第6位:Nのために(成瀬慎司役)

「成瀬くん最高だったー!」
「抑えた演技が良かった」
「大切な人を守ろうとする優しさ、切なくも芯のある強い絶妙な演技が最高だった」

6位は湊かなえ原作の純愛ミステリー「Nのために」。

どこか影を持ちつつも、純粋で心温かな少年・成瀬を好演し、イケメン俳優としての人気に火が付いた作品。この作品で窪田さんはザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演男優賞を受賞しました。成瀬くんの温かさ、今思い出しても泣けてきます…。「ただ、一緒におらん?」のセリフが、私的にベストオブ成瀬くん。

気になる上位は…

1 2 3 4

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次