ビジュアル系バンドの「歌詞あるある」を調査して曲を書いてみた

(写真:MANTAN/アフロ)

独特の世界観を持つビジュアル系バンドの曲。

今回は1,075名を対象に「ビジュアル系バンドの歌詞あるあるといえば?」というアンケート調査を行いました。

世間がビジュアル系バンドの歌詞にありがちだと思っている表現1~10位までを一気にどうぞ!

目次

第1位:運命←「さだめ」と読みがち

普通に「うんめい」と読む方が少ないのでは?ビジュアル系バンドはいろんな当て字をしますが、その中でもこれは圧倒的に多いですね!

第2位:MARIA(マリア)登場しがち

「ねえ、マリア」「教えて~マリア~!」「マリアァァァァーーーー!!!!!」←呼びすぎ。

第3位:「刹那」って言いがち

「刹那」って普段の生活で使ったことない。

第4位:天使舞い降りがち

天使がどうこう言うときはPVで外人の女の子出てきがち!

第5位:薔薇が舞いがち

薔薇と血のセットは鉄板!

第6位:孤独に震えがち

震えるほど孤独ってマジかわいそすぎる。

第7位:狂いがち

そらおかしくもなるよね!

第8位:キミが見えなくなりがち

おーい、ここにいるよー!しっかりして!

第9位:彷徨いがち

何してるのはやく帰ってきて。

第10位:「君二捧グ…」←カタカナにしがち

カタコトになっちゃった!

以上がトップ10。ちなみに11~20位はこんな感じ。

11~20位は…

1 2

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次