みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

死語?意味が難しい「昭和のビジネス用語」ランキング(3~5位)

公開:2022-5-20


第5位:イッテコイ(相場が上がり下がりして利益が元に戻ること、相殺)(458票)


  • おばちゃんにはわかるよー

  • 普通に使ってますが

  • よく言ってました。定年退職したので、もう使いませんですが

お金の出入りを生々しく表現!5位はイッテコイ(相場が上がり下がりして利益が元に戻ること、相殺)!


金融・証券業界で使われはじめたとも言われる「イッテコイ」、株価が上がってまた下がって(逆もしかり)損得なしの状態を指した言葉なんだそうです。プラスマイナスゼロのこと。お金が出ていって、また戻ってくる様が妙に生々しく表現されていますね。先を見通すことの難しさや、一方的に儲けることを良しとしないビジネスの美徳みたいなものも漂っていて、味のあるビジネス用語。ビジネスの先輩たちは仕事の様子を感覚的な言葉で表現するのがお上手。

第4位:テレコ(あべこべ、入れ違い、食い違い)(631票)


  • たしかに昔は使っていたね。語源は一体何なのだろう?

  • 最初に聞いたときに、何で家電品(昔のカセットテープレコーダー)の事を言っているのかわからなかった

  • 今でも使うが、若い世代の前で使うとおそらくジェネレーションギャップを感じそう

ときどきやってしまうミスの定番!4位はテレコ(あべこべ、入れ違い、食い違い)!


歌舞伎の世界に、異なる2つの脚本を1つにまとめ、一幕ごとに交互に展開していく上演方法があるそうで、これを「てれこ」と呼んでいたことが語源だそうです。例えば「テレコに送る」は、2つの送り先に送付すべき物を誤ってあべこべに送ってしまったりすることを指しています。カセットテープレコーダーではないですよ。関西ではビジネス以外にも日常生活でしばしば聞かれる言葉で、上下や左右をテレコ=互い違いに入れ替えながらきれいに物を納めるときなどにも使われる言葉です。

第3位:ガラガラポン(仕切り直す、白紙に戻す)(691票)


  • 最初の勤め先で言われた。懐かしいな~

  • 昭和の時代をなんとなく感じさせる

  • 昔は政治家も使ってましたよ

グチャグチャになったらグルっと回せばいいんです!3位はガラガラポン(仕切り直す、白紙に戻す)!


昔ながらの福引マシン、八角形の箱を回転させて出てきた球の色で運命が決まるガラポン抽選機が語源となったこの言葉。色とりどりの球の中から、グルっと回してコロンと出てきた1粒が金色に輝いていたりすると小躍りしたくなるくらいにうれしいですよね。ビジネスの現場でもグチャグチャになってきたときは、ご破算するつもりでグルっと混ぜて真新しい答えをポンッと出しちゃう方がハッピーなこともありますもんね。古き良き商店街の賑わいが今なお息づく昭和ビジネスの残り香。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…

【関連記事】
マブい!バブル世代の選んだ青春の死語ランキングTOP20

1980年代の新語・流行語なつかし&新鮮ランキング【昭和】

永遠の二枚目!昭和のハンサム人気俳優ランキング

一世を風靡!昭和の美人女優ランキング