みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

死語?意味が難しい「昭和のビジネス用語」ランキング(6~8位)

公開:2022-5-20


第8位:ダマでやる(こっそり、秘密裏に進める)(383票)


  • もう言わない

  • 懐かしい。むかしよく使いました

  • ダマと言うと塊のイメージがあるので、普通に『黙って』の言い方で良いんじゃないかと思う。私もオジサンですがこれを初めて耳にした時は『まとめる』『固まる』の意味だと思った。

悪巧みだけじゃないんですよ!8位はダマでやる(こっそり、秘密裏に進める)!


こっそり黙(ダマ)って、人知れず仕事を進めていくことを表した言葉なんですけど、なんとなく裏で悪いことをしているようでネガティブなにおいがしますよね。もちろん良くない企みの場合もなきにしもあらずですが、むしろ「ダマで」「よしなに(9位)」いい仕事をやっちゃうってことも多いんですよ。ビジネスの先輩たちは誇り高くもシャイだから、ついつい黙ってベストを尽くしちゃうわけです。顧客が望外の仕上がりや成果に驚いてくれることを密かに楽しみしている粋な先輩たちです。

第7位:手弁当(費用を自分で負担する、自腹を切る)(389票)


  • 昔の仕事のやり方。サービス残業もありましたね。

  • 今や若い人には、弁当といえばコンビニ弁当でしょう。ボランティア的意味合いの手弁当は、自分で昼食持って行く的な意味にとらえられるでしょうね

  • 今の時代個人負担はあり得ない

ノリよく、フットワーク軽く!7位は手弁当(費用を自分で負担する、自腹を切る)!


粋でちょっとシャイなビジネスの先輩たちは、自分の経験や知識が困っている人の役に立つと思ったら、お金がどうのこうのとか考えずに、まずは馳せ参じちゃうんです。「ボランティア」とはまたちょっと違ったニュアンス、手伝えることがあったら遠慮なく言ってね、お金なんて気にしなくていいから、みたいなノリの良さがこの言葉にはありますね。仕事のお手伝いするけど、お昼ごはん代くらいは自分で出すからね、のようなチマチマした話ではないですよ!

第6位:ガッチャンコ(まとめて、一緒に)(391票)


  • みんな結構使う(笑)。そうかー若い人は言わないかー

  • こんなビジネス言葉、現代人に馬鹿にされるでしょう!

  • すいません、普通に現役で今でもバリバリ使ってます…

ビジネス現場にはユーモアもたいせつ!6位はガッチャンコ(まとめて、一緒に)!


今風ビジネスマン→「この料金でこちらのサービスも<インクルード>しておきますので…」、ビジネスの先輩たち→「こっちの資料とそっちの資料<ガッチャンコ>しておいて!」、どちらも「ひとつにまとめる」という意味合いのことを言おうとしているわけですが、スマートにインクルードされるよりも、泥くさくガッチャンコしてもらう方が満足感高くないですか?「ペライチ(13位)」同様、擬音語っぽいワードがそのまんまビジネスの現場でも使われていた好例。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…

【関連記事】
マブい!バブル世代の選んだ青春の死語ランキングTOP20

1980年代の新語・流行語なつかし&新鮮ランキング【昭和】

永遠の二枚目!昭和のハンサム人気俳優ランキング

一世を風靡!昭和の美人女優ランキング