みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

感動するアニメ映画人気ランキング【2010年以降公開の新作限定】(6~8位)

公開:2020-11-26


第8位:思い、思われ、ふり、ふられ(2020年公開)(319票)


  • おばさんでもキュンキュンする

  • これぞ青春映画!苦しくてドキドキして感動しました

  • 男でこういう少女マンガを初めて見たけど、良かった。最後は泣けた


2人の少女を軸にしたキュンキュンな青春!第8位は思い、思われ、ふり、ふられ(2020年公開)!


8位は恋愛・ドラマ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」。咲坂伊緒さんが手掛けた同名漫画をアニメ化した本作は、2人の女子高生と2人の男子高生を中心に展開する青春群像劇です。恋愛面の価値観が全く異なる市原由奈と山本朱里、2人の絆と成長していく姿を観ているとつい応援したくなると同時に、若かりし頃の恋愛を思い出して少し懐かしくなるような……そんな気持ちにさせてくれる映画との声も挙がりました!アニメとほぼ時期を同じくして浜辺美波さんや北村匠海さんが出演した実写映画も完成度の高い作品と評判になり、アニメ&実写が同時期に上映されるという珍しいニュースも話題となりました!


第7位:蛍火の杜へ(2011年公開)(321票)


  • 大人でなければ、本当の面白さや意味を知ることが出来ない作品だと思う

  • 雰囲気がとにかく素敵

  • 派手さはないけどじわっと来る作品でおすすめです


切なく感動的な夏物語……!第7位は蛍火の杜へ(2011年公開)!


7位は恋愛・ファンタジー映画「蛍火の杜へ」。「夏目友人帳」の作者として知られる緑川ゆきさんの漫画「蛍火の杜へ」をアニメ化した作品であり、「夏目友人帳」のスタッフが製作を担当したため雰囲気的に似ているところもある本作。6歳の少女・竹川蛍と、彼女が迷い込んだ「山神の森」で遭遇した人間でも妖怪でもない少年・ギンとの出会いと別れが描かれました。その作風を一言で表現すると「王道ファンタジー」。ド直球で涙腺を刺激するストーリーと、夏の終わりの寂しげな雰囲気が44分という短い上映時間に凝縮され感動を呼びました。「夏目友人帳」ファンにはもちろん、切ない恋物語をお求めの方にもオススメの一作です!




第6位:バケモノの子(2015年公開)(463票)


  • 人間の本質を問う映画と思う

  • ミスチルの主題歌が良い

  • 映像の綺麗さや主人公の直向きなところが心に残った


血の繋がらない親子・師弟の絆と成長を描く!第6位はバケモノの子(2015年公開)!


6位はファンタジー映画「バケモノの子」。とある出来事によって幼少期に異世界「渋天街」に迷い込んだのが主人公の蓮。そこで熊の顔をしたバケモノ・熊徹に拾われて九太と名付けられ、バケモノの子として育てられますが……。暗い生い立ちを持つ九太、孤独な存在であった熊徹がそれぞれ成長していく様子や、偶然にも人間界に戻る方法を見つけた後の展開など見どころは多し!また、エンディングで流れるMr.Childrenの主題歌「Starting Over」も非常に良いと高評価されています!家族愛やケモノ要素など、細田守監督らしさがふんだんに感じられる一作と言えるでしょう!

【配信中サイト】hulu、U-NEXTなど



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…