みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

実は10代でデビューしていて驚く売れっ子漫画家ランキング(1~2位)

公開:2022-6-9 更新:2022-6-21


第2位:ゆでたまご(17歳&18歳)(333票)


  • 幼い頃からみんなを笑わせてたんだろうな

  • 大人気作品を10代で描いたのはすごい

  • 成人してからの作画だと思ってた



10代コンビが世に放った超大ヒット作「キン肉マン」!2位はゆでたまご!(17歳&18歳)!

2位は現在も連載する「キン肉マン」を描く漫画家ユニット・ゆでたまご(原作・嶋田隆司さん、作画・中井義則さん)。小学生からの同級生だったお二人は、その後中学・高校と道をともにして漫画家ユニットを組んでいますが、「キン肉マン」の原案が生まれたのはなんと小学5年生の時。高校在学時の1978年、週刊少年ジャンプに「キン肉マン」が掲載され漫画家デビューを果たします。その後、一旦は連載を終了しますが2011年に続編として復活を果たし、2022年6月現在もまだまだ連載中。小学生からの漫画家コンビが今でも活躍するケースはなかなかないでしょう…!

第1位:石ノ森章太郎(16歳)(357票)


  • 自分の16歳のころはサッカーしかなかった。創作力にびっくり

  • さすが天才です

  • いまだに有名なのに16歳で売れたとは驚き



昭和期を代表する鬼才はデビューも早かった!1位は石ノ森章太郎さん!(16歳)!

見事1位に輝いたのは、「サイボーグ009」や「仮面ライダー」を描いた石ノ森章太郎さん。少年期からの漫画好きで、高校在学時から雑誌への漫画投稿の常連でした。さらに、手塚治虫さんが手掛ける「鉄腕アトム」のアシスタントを務められたことも。その関係もあって、1954年発売の漫画雑誌・漫画少年で掲載された「二級天使」でデビューを飾っています。この時まだ高校在学中で16歳。その後はあの有名なトキワ荘に移り住み、後の名漫画家たちと交流を深めています。名作「仮面ライダー」を始めとした特撮漫画を数多く描くなど、日本のエンタメ界に残した功績は計り知れない偉人ですね!


実は10代でデビューしていて驚く売れっ子漫画家ランキング

以上、10~50代の男女(性別回答しないを含む)4,231名が選んだ「実は10代でデビューしていて驚く売れっ子漫画家ランキング」でした!

「実は10代でデビューしていて驚く売れっ子漫画家ランキング」
TOP10
  • 1位石ノ森章太郎(16歳) (357票)
  • 2位ゆでたまご(17歳&18歳) (333票)
  • 3位いくえみ綾(14歳) (260票)
  • 4位いがらしゆみこ(高校3年生) (242票)
  • 5位矢沢あい(18歳) (241票)
  • 6位やぶうち優(13歳) (212票)
  • 7位水沢めぐみ(16歳) (201票)
  • 8位本宮ひろ志(18歳) (200票)
  • 9位一条ゆかり(18歳頃) (199票)
  • 10位小畑健(17歳頃) (181票)
編集者:zenzai
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)4,231名
調査日:2022年5月20日
※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    いいね!と思ったら押してね