少女マンガ誌<りぼん>の歴代名作漫画ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢3,289名に調査した「少女マンガ誌<りぼん>の歴代名作漫画ランキング」を発表します。さっそくランキングをチェック!

少女マンガ誌<りぼん>の歴代名作漫画ランキング
TOP10
  • 1位「ときめきトゥナイト」池野恋 (453票)
  • 2位「ちびまる子ちゃん」さくらももこ (438票)
  • 3位「有閑倶楽部」一条ゆかり (369票)
  • 4位「ママレード・ボーイ」吉住渉 (192票)
  • 5位「天使なんかじゃない」矢沢あい (148票)
  • 6位「ご近所物語」矢沢あい (102票)
  • 7位「姫ちゃんのリボン」水沢めぐみ (86票)※同率
  • 7位「神風怪盗ジャンヌ」種村有菜 (86票)※同率
  • 9位「赤ずきんチャチャ」彩花みん (85票)
  • 10位「星の瞳のシルエット」柊あおい (78票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<少女マンガ誌<りぼん>の歴代名作漫画ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の女性3,289名/調査日:2022年4月1日

目次

第1位:「ときめきトゥナイト」池野恋(453票)

  • リアルタイムでがっつりハマって読んでました。『ときめきトゥナイト』のためにリボンを買っていたと言っても過言ではない
  • りぼんは購読していなかったけど、『ときめきトゥナイト』は友達が貸してくれた単行本からハマった記憶があります
  • 必死に読んでいた少女時代を思い出す

現在も続編が連載中!1位は「ときめきトゥナイト」!

1982年~1994年まで連載された、池野恋さんの大ヒット作「ときめきトゥナイト」!
吸血鬼と狼女の間に生まれた女の子・江藤蘭世を中心に主人公が異なる3部構成となっており、それぞれの学校生活や、人間界と魔界を舞台にした恋と冒険を描いています。2021年からは「Cookie」で、アラフォーになった蘭世たちを描いた「ときめきトゥナイト それから」も連載中!まだまだ「ときめきトゥナイト」の世界に浸れるのは嬉しいですね!

第2位:「ちびまる子ちゃん」さくらももこ(438票)

  • 国民的漫画ですね。あったか家族に加えてシニカルな場面もあるところも現実的で好きです
  • 素敵な少女らしいロマンス漫画も良かったけど、やはり『ちびまる子ちゃん』は特別
  • たくさんの人々の支持を得て老若男女問わずみんなが楽しめるから

老若男女に愛される国民的漫画!2位は「ちびまる子ちゃん」!

1986年から掲載が始まった、さくらももこさん作「ちびまる子ちゃん」!
1970年代に流行したアイドルや、学校・友達との日常が小学3年生の“ちびまる子ちゃん”目線で語られるコメディ漫画。連載当初は、作者であるさくらももこさんの実体験をもとにしたエッセイ風漫画であることや、その視点のユニークさなどから、知る人ぞ知る人気作品でしたが、1990年にアニメ化され、「りぼん」読者だけでなく広く一般に知られることで人気が爆発!今では国民的漫画となりました!

第3位:「有閑倶楽部」一条ゆかり(369票)

  • 少女漫画らしからぬところがある。絵がうまい。大人が読んでも楽しめる
  • 個性豊かなメンバーがおもしろい
  • 大人が読んでも、男女誰が読んでも、楽しめる

少女漫画のスケールを超えたド派手な学園アクションコメディ!3位は「有閑倶楽部」!

「りぼんオリジナル」で1981年から、「りぼん」で1982年から掲載が始まった、一条ゆかりさん作「有閑倶楽部」!
良家のご子息・令嬢が通う学園の生徒会・別名「有閑倶楽部」を舞台に、個性豊かなキャラクターの八面六臂の活躍を描いた学園アクションコメディ。大食いで運動神経抜群な大財閥の令嬢・剣菱悠理(けんびし ゆうり)をはじめとするキャラクターの良さはもちろん、豪華客船を舞台に繰り広げられる某国の王位継承話など、スケールの大きなストーリーも魅力的でした!

第4位:「ママレード・ボーイ」吉住渉(192票)

4位は1992年~1995年まで連載された、吉住渉さん作「ママレード・ボーイ」!

互いの両親がパートナーチェンジすると言い出し、突然ひとつ屋根の下で暮らすことになってしまったヒロイン・小石川光希(ミキ)と松浦遊(ユウ)。“これぞ少女漫画!”という驚きの展開や、切ない恋の行方がりぼん読者を夢中にさせてくれました!アニメでは主題歌なども大ヒット。2010年代には、主人公の妹と弟を主人公とした続編「ママレード・ボーイ little」も連載されました!

第5位:「天使なんかじゃない」矢沢あい(148票)

5位は1991年~1994年まで連載された、矢沢あいさん作「天使なんかじゃない」!

新設の高校で、生徒会の副会長に就任することになった主人公・冴島翠(さえじま みどり)。以前から気になっていた存在の須藤晃(すどう あきら)たちと共に第一期生徒会として学園を盛り上げ、恋や友情を通じて成長していく青春ストーリーで大ヒット。「あんたがあたしを嫌いでも あたしは好きよマミリン!」など、心に響く名台詞もいっぱい!思い出すとまた読み返したくなりますね♡

第6位:「ご近所物語」矢沢あい(102票)

6位は「ご近所物語」矢沢あいさん!

第7位:「姫ちゃんのリボン」水沢めぐみ(86票)※同率

7位は「姫ちゃんのリボン」水沢めぐみさん!

第7位:「神風怪盗ジャンヌ」種村有菜(86票)※同率

7位は「神風怪盗ジャンヌ」種村有菜さん!

第9位:「赤ずきんチャチャ」彩花みん(85票)

9位は「赤ずきんチャチャ」彩花みんさん!

第10位:「星の瞳のシルエット」柊あおい(78票)

10位は「星の瞳のシルエット」柊あおいさん!

少女マンガ誌<りぼん>の歴代名作漫画ランキング

以上、10~50代の女性3,289名が選んだ「少女マンガ誌<りぼん>の歴代名作漫画ランキング」でした!

編集者:武田・寺島
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~50代の女性3,289名
調査日:2022年4月1日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次