みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

好きな野球漫画ランキングTOP20【平成・令和】(1~2位)

公開:2021-8-17 更新:2022-1-21

第2位:「ドカベン プロ野球編」ほかシリーズ 水島新司(155票)


  • やっぱり水島新司先生!

  • 昔から読んでます

  • 王道だから!

やっぱり山田はすごい!2位は「ドカベン プロ野球編」ほかシリーズ 水島新司!


2位は1995年から週刊少年チャンピオンで連載していた「ドカベン プロ野球編」。2004年から連載のスーパースターズ編、2012年から連載のドリームトーナメント編も合わせてのランクインとなりました。抜群の野球センスを有し、甲子園で大活躍したのが主人公の「ドカベン」こと山田太郎。彼の所属する明訓高校のチームメイトや全国のライバル達と、プロ野球の世界で激突した本作も熱き物語としてファンに評価されます。本作では実在の球団が登場するどころか、珍しいことに現実の野球選手も実名で登場。そんなプロ野球選手たちに、一切遠慮なく襲いかかる「ドカベン」キャラ達もまた見所のひとつと言えるでしょう!

第1位:「H2」あだち充(169票)


  • 青春の思い出と重なる

  • 野球マンガといえばあだち充!

  • 千川高校は最強だと思った。内容も面白かったし、あだち充の野球漫画は好き

超王道の青春物語!あだち充作品で最高傑作との声も!1位は「H2」あだち充!


見事1位に輝いたのは1992年から週刊少年サンデーで連載していた「H2」。あだち充さんと言えば同じく野球漫画の「タッチ」が有名ですが、実は本作の34巻が最長連載作品(「タッチ」は全26巻)となっています。物語の中心となるのは、千川高校のエースピッチャー・国見比呂と明和第一高校のスラッガー・橘英雄。二人のヒーローが繰り広げるライバル対決は野球だけでなく恋愛面でも展開し、読者の予想を外す数々の展開が面白いと評価されました。あだち充さんの魅力が十二分に発揮された青春群像劇となり、特に終盤の展開にはグっと来るものがあるとファン絶賛の一作です!


好きな野球漫画ランキングTOP20!

やはりと言うべきか、上位陣には広く知られた作者の名作がずらり。そして、トップ5には少年サンデー、少年チャンピオン、少年ジャンプ、少年マガジン……と、4大少年誌がしっかりと収まったのも印象的でした!
以上、10~40代の男性2,239名が選んだ「好きな野球漫画ランキング」でした。あなたが思う好きな野球漫画はランクインしていましたか?

「好きな野球漫画ランキング」
TOP20一覧
  • 1位「H2」あだち充 (169票)
  • 2位「ドカベン プロ野球編」ほかシリーズ 水島新司 (155票)
  • 3位「MAJOR」ほかシリーズ 満田拓也 (126票)
  • 4位「ROOKIES」森田まさのり (125票)
  • 5位「ダイヤのA」寺嶋裕二 (96票)
  • 6位「キャプテン2」ちばあきお・コージィ城倉 (81票)
  • 7位「プレイボール2」ちばあきお・コージィ城倉 (69票)※同率
  • 7位「おおきく振りかぶって」ひぐちアサ (69票)※同率
  • 9位「MIX」あだち充 (67票)
  • 10位「Dreams」七三太朗・川三番地 (62票)
  • 11位「ドラフトキング」クロマツテツロウ (60票)
  • 12位「グラゼニ」森高夕次・アダチケイジ (57票)
  • 13位「やったろうじゃん!!」原秀則 (55票)
  • 14位「忘却バッテリー」みかわ絵子 (54票)
  • 15位「逆境ナイン」島本和彦 (53票)
  • 16位「栄冠は俺に輝く」熊田龍泉 (51票)※同率
  • 16位「名門!第三野球部~リスタート~」金木令 (51票)※同率
  • 16位「クロカン」三田紀房 (51票)※同率
  • 19位「錻力のアーチスト」細川雅巳 (49票)
  • 20位「ラストイニング」中原裕・神尾龍 (48票)
編集者:zenzai
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~40代の男性2,239名
調査日:2021年7月22日
※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    いいね!と思ったら押してね