みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

80年代のファミコン名作ランキング【レトロゲームベスト20】(6~8位)

公開:2021-5-7 更新:2022-4-27


第8位:ゼビウス(バンダイナムコ:発売1984年)(206票)


  • グラフィックが美しくて当時驚いたなあ

  • 母がハマって全クリして驚きました。懐かしい想い出です

  • 未だ越えるソフトはない

革新的なゲーム性でゲーマーの心を掴んだ!8位はゼビウス(バンダイナムコ:発売1984年)!


8位はシューティングゲーム「ゼビウス」。全16エリアを進める縦スクロール型シューティングゲームとして人気を博し、ハードなストーリーがしっかりと設定されていたのも斬新でした。後のシューティングゲームの定番となるボスキャラの存在、敵の撃破や時間によってかわる敵出現パターンの変化など後世のゲームに与えた影響も計り知れません。アーケード版からの移植で地上絵などはカットされたものの、その秀逸なビジュアルは1984年のゲームとは思えないほど。当時のナムコの高い技術力を改めて認識させられる名作です!

【現在プレイ可能なサービス】Nintendo Switch(ナムコットコレクション DLC第3弾)

第7位:ボンバーマン(旧ハドソン:発売1985年)(253票)


  • ボンバーマン面白いです。今もたまに遊びます。単純そうにみえて結構難しいです。はまりますよ

  • 小学生の頃めちゃくちゃハマって毎日してました

  • 『自爆』という言葉を覚えたのがボンバーマンだった

初代にして「ボンバーマン」としては既に完成形!7位はボンバーマン(旧ハドソン:発売1985年)!


7位はアクションゲーム「ボンバーマン」。ステージに点在するブロックと、動き続ける敵キャラを爆弾によって破壊して次のステージへ進む、というシンプルなスタイルで人気を呼んだ本作。後に続く「ボンバーマン」シリーズの初代にして基礎的なシステムが完成しており、遊びごたえは十分です。敵を倒そうと置いた自分の爆弾で壁に挟まれて爆死する……なんて光景は初代からの「ボンバーマンあるある」ですね!
また、「ボンバーマン」と言えば白熱の対人戦が特徴ですが、初代にはバトル(対人)モードは搭載されておらず。ファミコンでは1991年発売の「ボンバーマンⅡ」からなので、当時は対戦が盛り上がりすぎて友情が壊れる、なんて事もまだない平和な時代でした。

第6位:ファイナルファンタジー(1〜2 スクウェア※現:スクウェア・エニックス:発売1987年〜)(268票)


  • FFに出会って初めてRPGゲームをやり衝撃を受けた

  • はまりまくった作品。今でもFFシリーズは発売されれば必ず遊びます。ドラクエ派とFF派に分かれますが、音楽的に絶対FF押し

  • 初期作品が名作

FFのヒットがスクウェアを救った!6位はファイナルファンタジー(1〜2 スクウェア・エニックス:発売1987年〜)!


6位はRPG「ファイナルファンタジー」。今も続く大人気シリーズの記念すべき第1作にして、スクウェアを人気ゲームメーカーに押し上げた名作です。FFシリーズ最大の特徴とも言えるジョブシステムは既に初代から実装されており、ゲーム開始時点で4人パーティーを自由に組めるのも魅力の1つ!ジョブ間の能力格差も良いスパイスでした。
また、1987年当時にパスワードを使わずにデータセーブができた数少ないゲームで、ファミコン世代にとっては定番の「チラシ裏にパスワードをメモる」という作業が必要なかった事に驚いたゲーマーも多かったでしょう。しかしまた、セーブデータが消える悲劇に見舞われたゲーマーもまた少なくはありませんでした……。

【現在プレイ可能なサービス】Wii U(VC)、3DS、スマホアプリ、PS vita


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…

【関連記事】
スーパーファミコン名作ランキング!95年発売までの懐かしソフト

大人に人気のSwitch名作ソフトおすすめランキングTOP20

初代プレイステーション名作ソフトランキング<90年代中期>

セガサターン名作ソフトランキング<94~96年発売>