みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

レジェンド!好きなプロ野球OB選手ランキング<40~50代>(6~8位)

公開:2022-2-9


第8位:金本知憲(206票)


  • 阪神に来てからどんどん若手が育って優勝もできたから

  • 誰もできない歴史を持っている

  • 今の阪神を変えた男である

連続試合フルイニング出場の世界記録を持つ鉄人!8位は金本知憲!


8位は主に阪神タイガースで活躍した金本知憲さん。広島東洋カープで外野手として活躍し、2000年には4番打者としてトリプルスリーを達成。2002年には阪神タイガースにFA移籍を果たし、2003年・2005年のセ・リーグ優勝に中心選手として大きく貢献しました。特筆すべきが、1999年から2010年までに達成した1492試合連続フルイニング出場というギネス記録。「鉄人」と呼ばれるほどの頑強な肉体とメンタルを誇り、大怪我をしていても、手首を剥離骨折していても試合にフルイニング出場。片腕でヒットを放つシーンは名場面としてファンに知られています。大ベテランと言われる年齢になってからも勝負強さは健在で、トラの頼れる「アニキ」として愛されました!

第7位:桑田真澄(220票)


  • 迫力がある野球人生を過ごしており偉大だ

  • 理論派なところが良いと思います

  • 努力がすごい

90年代の巨人投手陣が誇る三本柱の一角!7位は桑田真澄!


7位は主に読売ジャイアンツで活躍した桑田真澄さん。PL学園時代から甲子園のスターとして非常に有名で、戦後最多記録となる甲子園通算20勝を記録!プロ入り後も巨人先発陣が誇る三本柱の一角として活躍し、高い野球センスで打撃や守備でも躍動しました。また、肘の靭帯断裂という大怪我を治癒するためトミー・ジョン手術を行ない、長期離脱から復活登板復帰登板を果たした際にマウンドにひざまずき、プレートに肘を当てるシーンを記憶しているファンも多いでしょう。引退後はプロ野球解説を経て巨人の投手コーチに就任。次男のタレント・Mattさんと一緒にCM出演したのも話題となりましたね!

第6位:古田敦也(252票)


  • 説明や意見が的確

  • 絶対的捕手です。早く監督になって欲しい。もちろん!東京ヤクルトスワローズの!

  • 野球も凄かったけれど、解説など聞いていると良い人だな、と感じる

野球界の常識を変えた偉大なるキャッチャー!6位は古田敦也!


6位はヤクルトスワローズで活躍した古田敦也さん。古田さんがヤクルトに入団する前は、「メガネをかけたキャッチャーはプロ野球で成功しない」という定説がありましたが、そんな声を吹き飛ばして歴代最高の捕手にも推されるレジェンドへと成長!通算盗塁阻止率はNPB史上最高の.462、10度のゴールデングラブ賞など守備に関する記録がスゴいだけでなく、打者としても1991年に首位打者を獲得し、通算2097安打を放った大打者でもありました。引退後は丁寧かつ熱意も感じられる解説スタイルで評判となり、ご本人の公式YouTubeチャンネル「フルタの方程式」も野球ファンに大人気。現役時代は冷静なイメージも強かったですが、語りだすと武闘派な面も見え隠れしています!


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…