みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

怖い話や怖いコントで人気のお笑い芸人ランキング【怪談話・ネタ】(11~15位)

公開:2021-4-30

怖い話・怖いコントで人気のお笑い芸人ランキングTOP20!

15位から11位を発表!喋りの達人=お笑い芸人による怪談話や、ゾクッとする怖い漫才・コントをご紹介。笑えるだけじゃなく最恐の話術を持つお笑い芸人とは?気になる投票結果、ぜひご覧ください!


第15位:大津広次(きつね)(234票)

15位はホリプロコム所属のお笑いコンビ・きつねの大津広次さん。大津さんと言えば、ウクレレ片手に陽気な漫談風の歌謡漫才を繰り広げることで知られていますが、実は怪談の語り手としても注目される若手芸人です。人気作品「呪術廻戦」の企画で語った「事故物件に住んだ実体験」では、インターホンを連打するカメラに映らない謎の存在や、突如現れる赤い液体など怪奇現象続出でゾクリ……。その話術を武器に、これから先も怪談系の番組で観る機会が増えそうですね!







第14位:大谷ノブ彦(ダイノジ)(237票)

14位は吉本興業所属のお笑いコンビ・ダイノジの大谷ノブ彦さん。自身のYouTubeチャンネル「ダイノジ中学校」では、バラエティ豊かな動画をアップロードしていますが、その中でも怖いと評判を呼ぶのが怪談話。他人から聞いたという、思わず「は!?」となってしまうような不思議系の怖い話を語っており、またGyaoの「怪談芸人百物語」でも「踏切」や、実体験である「軍人」など様々なエピソードあり。興味深いストーリーに引き込んでいく雰囲気作りがとても上手いです!







第13位:池田一真・村上純(しずる)(247票)

13位は吉本興業所属のお笑いコンビ・しずるのお二人。こちらは怪談ネタではなく、ブラックなネタで構成されたコントが怖いと話題に。その代表作となったコント「だるまさんが転んだ」は、序盤こそ普通のコントですが、「だるまさんが転んだ」を改変したセリフと共にネタの空気が変わってきて……?最後に放った村上さんの「次は誰かが転ぶんだ」という一言もオチと合わせて後味悪く、短いながらも異色さが充満したコントとして評価されています!







第12位:菅良太郎・向井慧・尾形貴弘(パンサー)(253票)

12位は吉本興業所属のお笑いトリオ・パンサーのお三方。近年はバラエティ番組での存在感も増しているパンサーですが、得意のコントには「銀行強盗」ネタのようにブラックで「意味がわかると怖いネタ」もあります。どこか挙動不審で明らかに「なにかしてきた」という出で立ちで登場するボケ担当・管さん。そして、その様子を怪しむ向井さんですが……?オチではお客さんの悲鳴とも、ドン引きともつかぬ声が漏れており、最初から見直すとまた一段と怖さが出てくる名作コントです!







第11位:中村豪(やるせなす)(277票)

11位はワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ・やるせなすの中村豪さん。若い頃に霊を呼び寄せる体質だと気づいたらしく、霊感の強さから数々の不思議な体験をしてきた中村さん。「人志松本のゾッとする話」では、橋に立っていた「半透明のサラリーマン」のエピソードを披露。一歩間違えば死に直面した怖すぎる体験談は、「視える人」特有のリアリティにあふれていました……。そんな恐怖体験をしている中村さんですが、現在はお笑い業だけでなく、霊視など心霊系の仕事もしているそうです。






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!