みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

キラキラ!青春恋愛映画人気ランキング<邦画TOP20>(3~5位)

公開:2020-4-13 更新:2020-6-17


第5位:カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013)(80票)


  • 「佐藤健くんと大原櫻子ちゃんの組み合わせ最高。かっこいいし可愛い」
  • 「ちょっと切ない感じが良い」
  • 「想い合ってるのにすれ違う2人の気持ち。キスシーンも綺麗で、私にとっての王道です!」


ヒロインの歌声にも魅了される!第5位はカノジョは嘘を愛しすぎてる(2013)!


Cheese!に連載された同名の少女漫画が原作の青春恋愛映画!略して「カノ嘘」。
人気バンドCRUDE PLAY(クリプレ)のメンバーだったものの、デビュー前にバンドを抜けたサウンドクリエイター、佐藤健さん演じる「秋」と、秋の正体を知らぬまま彼の鼻歌と顔に一目ぼれした、大原櫻子さん演じる女子高生の「理子」のラブストーリー。
音楽業界を舞台にした臨場感たっぷりのライブや歌唱シーンもみどころ満載です!
当時演技経験が全くなかった大原櫻子さんが、約5000人のオーディションから抜擢されたことでも話題になりました。
大原櫻子さんの透きとおった歌声に魅了され、佐藤健さんをはじめとしたイケメンキャストにもキュンキュンさせられます…!
三浦翔平さん、窪田正孝さん、水田航生さん、吉沢亮さん、相武紗季さんなど豪華な顔ぶれにも注目!


第4位:僕の初恋をキミに捧ぐ(2009)(82票)


  • 「岡田くんの髪型もいけてたし、身長差も良かった」
  • 「純粋過ぎる恋心に涙」
  • 「限られた時間での初恋」


一途な想いに心打たれる!第4位は僕の初恋をキミに捧ぐ(2009)!


少女コミックに連載されてた同名の少女漫画が原作の青春恋愛映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」が4位!アニメ化やドラマ化もされた超名作映画がランクイン!
幼い頃から重い心臓病で入院している逞(岡田将生)と、その主治医の娘・繭(井上真央)。小さい頃、二人は「大人になったら、結婚しよう」と約束を交わします。しかし、逞は自分が20歳まで生きられないと知り…。病気や臓器提供、親の反対など、様々な試練に立ち向かう2人。涙なしには見られない、切なくて苦しくて、美しい純愛ラブストーリー!
岡田将生さんと井上真央さんの情熱的な演技に胸を打たれます。




第3位:ホットロード(2014)(116票)


  • 「原作が忠実に再現されている。時代を感じさせない」
  • 「危うげなのんちゃんとまっすぐな臣くん…泣いちゃいました」
  • 「2人バイクで走っているシーンが印象的だったから」


名作コミックを実写映画化!第3位はホットロード(2014)!


別冊マーガレットで80年代に連載された、同名の名作少女コミックが原作の青春恋愛映画。監督は「フォルトゥナの瞳」「僕等がいた 前篇・後篇」などを手がけた三木孝浩さん。
紡木たく先生の「ホットロード」を少女の頃に読んだ30代~40代の方は、25年以上経っての映画化に歓喜したのではないでしょうか…!!
母から愛されずに寂しさを募らせる少女・和希が、自分の居場所を求めて不良グループとつるむようになり、そこで出会った暴走族の少年・春山と心を通わせていくストーリー。10代特有の不安定さ、孤独、ひりひりするような感情を思い出させてくれる作品です。

原作者の紡木たく先生は映像化の話が出る度にすべて断っていたそうですが、能年玲奈さん(現在は「のん」さんとして活躍中)の存在を知って、彼女になら和希の役を託してもいいと映像化を許可したそうです。本当にイメージピッタリ…!
春山役には、本作が映画初出演だった三代目J Soul Brothersの登坂広臣さんが抜擢されました。
そして主題歌は、尾崎豊さんの名曲「OH MY LITTLE GIRL」を起用!ロケーションはキラキラ輝く湘南…!
キャスティングも、ロケーションも、主題歌も、原作の世界観をそのまま映像化した、一度は見て欲しい超名作青春映画です。




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…