みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

メディア化された伊坂幸太郎小説人気ランキング【映画・ドラマ化】(1~2位)

公開:2020-7-30



第2位:重力ピエロ(500票)


  • 岡田将生さんの学ランがよかったな

  • 色んな人から勧められて見に行きました

  • 『春が二階から落ちてきた』という始まりがインパクト大



家族について考えさせられる!第2位は「重力ピエロ」。


2位は2003年に新潮社から出版された「重力ピエロ」。主人公は、異父兄弟である泉水(兄)と春(弟)。仙台の街で起こる連続放火事件、その現場には毎回奇妙なグラフィティアートが…。謎解きに乗り出した兄がそこで見つけた真実とは…?「直木賞」「本屋大賞」「このミステリーがすごい!」など受賞こそなかったものの数々のノミネート候補に挙げられ、大ヒットした傑作ミステリーです。
また2009年には、主演・加瀬亮さん、岡田将生さんにて映画化。物語の舞台となる仙台ロケで製作され、第1回「仙台シネマ」認定作品となりました!


第1位:ゴールデンスランバー(1,006票)


  • 惹きつけられる展開

  • 無実の罪で逃げるストーリーにハラハラ。堺さんの演技が素晴らしかった!

  • 伏線を回収する怒涛のクライマックスがとてつもなく秀逸!



最高にハラハラドキドキする逃亡劇!第1位は「ゴールデンスランバー」!


第1位に選ばれたのは2007年に新潮社より出版された「ゴールデンスランバー」!ストーリーは、首相暗殺の濡れ衣をきせられた男・青柳が、巨大な陰謀に追い詰められながら、2日間にわたる逃走劇。2008年に「本屋大賞」を受賞し、同年の山本周五郎賞も受賞。2009年の「このミステリーがすごい!」でも1位を獲得するという快挙を達成しています。
映画化は2010年。監督は中村義洋さんで、主演に堺雅人さん、さらに音楽に斉藤和義さんという伊坂作品におなじみのキャスト・スタッフでの製作となりました。さらに韓国でも2018年に映画化されており、監督はノ・ドンソクさん、主演をカン・ドンウォンさんが務めています。原作・日本版映画・韓国版映画とそれぞれの違いを探すのも面白い!




メディア化された伊坂幸太郎小説人気ランキング【映画・ドラマ化】TOP20!

映画が大ヒットした作品が上位に揃っていましたね。デビューから数々のヒット作を生み出してきた、伊坂さんの凄さを改めて実感します!
以上、10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,497名が選んだ「メディア化された伊坂幸太郎小説人気ランキング【映画・ドラマ化】」でした。あなたが好きな伊坂幸太郎小説はランクインしていましたか?

「メディア化された伊坂幸太郎小説人気ランキング」
TOP20一覧
  • 1位ゴールデンスランバー (1,006票)
  • 2位重力ピエロ (500票)
  • 3位グラスホッパー (459票)
  • 4位アイネクライネナハトムジーク (436票)
  • 5位魔王 (368票)
  • 6位アヒルと鴨のコインロッカー (364票)
  • 7位陽気なギャングが地球を回す (307票)
  • 8位死神の精度 (286票)
  • 9位オー!ファーザー (277票)
  • 10位チルドレン (275票)
  • 11位マリアビートル (273票)
  • 12位ラッシュライフ (250票)
  • 13位バイバイ、ブラックバード (249票)
  • 14位サブマリン (243票)
  • 15位死神の浮力 (237票)
  • 16位フィッシュストーリー (229票)
  • 17位ポテチ(「フィッシュストーリー」所収) (220票)
  • 18位オーデュボンの祈り (216票)
  • 19位Waltz (213票)
  • 20位終末のフール (184票)
編集者:kanatan8
調査方法:10~50代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:6,497名
調査日:2020年7月11日
※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

このランキングは…