みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

ジャニーズ全グループ・結成からデビューまでの期間順ランキング(14~16位)

公開:2020-10-30

ジャニーズと言えば、その下積みの長さがたびたび話題になりますよね。オーディションに合格すれば即アイドル活動が保証される…わけではなく、まずは下積み期間としてジャニーズJr.へ。そこから実力次第でJr.内のユニットに所属することとなり、グループとしてデビューしても良いと判断される実力・人気・個性などが備わって初めて、先輩たちと同じアイドルのスタートラインに立てるという非常に厳しい世界なんです。

そこで今回は、現在活動している少年隊からSnow Man・SixTONESまでの16組を、グループ結成からデビューまでの期間順でランキング!下積みが長くて驚くグループに、超スピードデビューで話題になったあのグループまで、全部網羅しちゃってください!



ジャニーズ全グループ・結成からデビューまでの期間順ランキングTOP16!

まずは16位から発表!デビューが早かった・遅かったのはどのグループ?注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第16位:Snow Man(7年8ヶ月19日)

デビューまでの期間がもっとも長かったのはSnow Man!グループ結成は2012年5月3日。滝沢歌舞伎2012の公演中にサプライズで発表されました。その後、6人だったグループは9人体制となり、2020年1月22日に「D.D.」でCDデビュー!2020年はデビュー年でもあり、結成8周年でもあるんですね。デビュー直後とは思えないほど場慣れしていて、歌・ダンスともに実力派なのも納得の下積み期間です!





第15位:Kis-My-Ft2(6年と15日)

続いてデビューまでが遅かったグループはKis-My-Ft2。2005年7月26日に結成、2011年8月10日に「Everybody Go」でCDデビュー。グループ活動を始めて6年後のデビューとなりました。最も入所が早かった藤ヶ谷太輔さんは入所からデビューまでになんと13年かかった苦労人!冠番組を多数持つ今のKis-My-Ft2からは考えられないですよね。




第14位:TOKIO(約5年8ヶ月)

14位はTOKIO。1989年4月のバラエティ番組「アイドル共和国」での企画をきっかけに、前身となるユニットを結成。その後メンバーの入れ替えを経て、1994年9月21日に「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。発端から実に約5年8ヶ月後のデビューとなりました。2021年3月には長瀬智也さんの退所が決まり、残る3名にてジャニーズグループの関連会社となる「株式会社TOKIO」を設立。TOKIOが社名になっちゃうなんて予想外すぎる展開です!






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

13位~11位は…