【王者の中の王者は?】M-1チャンピオン、人気ランキング!

純粋に漫才の面白さを競う、年に一度の笑いの祭典「M-1グランプリ」
何千人もの人が夏から予選に参加し、年末の決勝の舞台を目指します。
そんな狭き門の頂点に立ったコンビ、面白くないわけがありませんね…!
今回はM-1王者の中でも、さらに人気投票を行い「王者の中の王者」を決めてしまうランキング。

3,087人が選んだ、頂点の頂点に立つのはどのコンビ!?

目次

第3位:ブラックマヨネーズ

3位に輝いたのは第5回大会優勝コンビ、ブラックマヨネーズ
「ダントツ」「キャラが立っている」「テンポが最高」と様々なコメントが並ぶ中、一番多かったコメントが「掛け合いが面白い」というもの。
M-1の決勝で披露された「ボウリング」のネタも「喧嘩の強い男を目指そう」というネタも、本当に掛け合いが面白い!
「ラジオのように2人で喋りながらネタを作りたい」という吉田さんの提案からできたネタということで、掛け合いが面白いのも頷けます。
吉田さんのコンプレックス丸出しの誰にもない着眼点と、小杉さんのキレッキレの突っ込み。
本当に唯一無二のコンビですよね。
余談ですが、今M-1優勝時の映像をみると、小杉さんが超痩せててビックリします。

(出典:Wikipedia

第2位:中川家

「モノマネがあるある」「兄弟愛が出ている」「その後も漫才をずっと続けている」
幅広い投票理由で2位にランクインしたのは初代チャンピオン・中川家
モノマネもトークも面白い、万能な兄弟ですが、ブレイクしてから現在に至るまでずっと、漫才師としてのイメージが強い職人コンビですね。
「弟の陰に隠れがちだけど、お兄さんも好き」という旨の、剛さんのおっとりボケを評価する声も多かったです。
M-1はこのコンビが初代チャンピオンだったからこそ、由緒ある大会になったと言えますね。

気になる1位は…

1 2

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次