みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

懐かしい【パソコン用語】ランキング(1~2位)

公開:2018-5-26

第2位:ISDN

「一番最初に覚えた言葉」
「インターネットの初期で懐かしい」
「ものすごく(ネットが)遅かったのを覚えています」
「ISDNは今も継続してるところがあるらしい。遅いだろうなあ」

とにかくネットするならISDN!
当時は回線が1つであったため、電話がかかってくるとネットが落ちる…なんこてことがありましたが、ISDNは2回線利用が可能!インターネットの普及に大きな影響を及ぼしました。

第1位:フロッピーディスク

「よく世話になりました」「一番思い出だ」
「容量が小さくて、苦労しました。ほんとうに懐かしいですね」
「最初はよく会社で何枚も使いました」
「仕事をしていた頃、1日に何度も口にしたから」

2位から大差をつけて「フロッピーディスク」が1位となりました!

「今思うと、容量は小さいし曲がったり壊れたりで不便だけど、当時はデータを持ち運びできることが画期的だったんですよね」

容量は1.2MB前後。
今では音楽1曲分すら入らない容量ですが、書類やちょっとした画像などのやり取りが気軽にできるということは、凄いことだったんですね。


思い出深いところでいうと「ボール式マウス(7位)」ゴミを掃除するとスッキリするので楽しみでした。
今はタッチパネル時代。「マウスをクリックして」なんて用語を使わなくなる日は、そう遠くはないのかもしれません。

「懐かしのパソコン用語ランキング」
TOP10
  • 1位フロッピーディスク
  • 2位ISDN
  • 3位起動ディスク
  • 4位MOディスク
  • 5位テレホタイム(テレホーダイ)
  • 6位Netscape(ネットスケープ)
  • 7位ボール式マウス
  • 8位SCSI(スカジー)
  • 9位ビジー状態
  • 10位ポストペット
編集者:北見
調査方法:30~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:3,046名
調査日:2018年4月13日

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    いいね!と思ったら押してね