みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

2017-12-25

【どれも楽しそう】映画スタッフ、あなたがやるならどのパート?

人生で一度くらい、映画監督とかやってみてーな…
そんな風に思ったことありませんか?

映画制作にはたくさんのスタッフが関わっています。
その中でも皆さんが「やってみたい」と思うパートは何なのでしょう?
今回は「映画スタッフやるなら何をしたい?」と4,159人の方にアンケート。
果たして、1位に輝くパートは…?



第5位:撮影


「映像が映画で広がるのが好き」
「自分らしい画を撮ってみたい」
「自分の感性が生かせる」


第5位は「撮影」!
大画面で自分が撮った画が上映されるなんて、夢のようですよね。
画作りにおいて、監督にアイデアを提案したり、走り回って役者を追いかけたり…。
まさに職人の仕事。
カッコイイ映画には、素晴らしい撮影監督がついているもの。
撮影監督に注目すると、別々の作品同士に、けっこう共通点を見つけられたりします。

第4位:小道具


「(監督の)こだわりに答えたい」
「ものづくりが好きだから」
「縁の下の力持ち」


「小道具」が第4位!
家具や雑貨、俳優の持ち道具などを用意するお仕事です。
小道具が変だったりすると、いい映画でも雰囲気が台無しなったりするので、とても大事なパートですね。
作品によっては、時代考証なども必要な奥深いお仕事!

手先が器用な方に、それを活かしたい…という理由でたくさん投票いただきました。

トップ3は…