みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

【高校野球好き大集合】2000年以降の夏の甲子園テーマソングランキング

夏の風物詩のひとつと言えば高校野球ですよね!

野球ファンだけじゃなくても、出身校や出身地の代表として甲子園に出場する学校を、ついつい応援したくなるものですが、その甲子園を盛り上げてくれるのがテーマソングです。

2017年は高橋優さんの「虹」が起用されるみたいですが、そこで「好きな夏の甲子園テーマソングは?(2000年以降)」というアンケートを実施しました。

どの曲がランクインしているのか!?

思い出を振り返るとともに、早速TOP5から見ていきましょう!

第5位:コブクロ「ダイヤモンド」



「この曲をきっかけにコブクロが好きになりました」
「青春を駆け抜けるイメージに合った曲だと感じる」


まず、5位にランクインしたのは、2013年の応援ソングとして使われたコブクロの「ダイヤモンド」。高橋光成投手(埼玉西部ライオンズ)擁する群馬県代表の前橋育英高校が初優勝を果たしました。その他にも愛媛県・済美高校の2年生エース、安楽智大(東北楽天ゴールデンイーグルス)も注目されました。


第4位:ウルフルズ「ええねん」


「ウルフルズのこの曲は面白くて元気が出るから好きです」
「甲子園球場がある関西にマッチしている」


2007年のABC・テレビ朝日系「熱闘甲子園」の最終回のエンディングとして使用された、ウルフルズが歌う「ええねん」。多くの強豪校がひしめく中で、佐賀県代表の佐賀北高校が、公立高校としては11年ぶり、佐賀県勢として13年ぶりの優勝を果たしました。惜しくも決勝で敗れてしまった広陵高校の野村祐輔投手(広島東洋カープ)は、2016年の投手タイトル2冠に輝きました。

ベスト3は…