みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

堀内 孝雄 (ほりうち たかお)

生年月日 1949/10/27
星座 さそり座
干支 丑年
血液型 O型
出身地 大阪府
サイズ
公式サイト
公式SNS
堀内孝雄オフィシャルサイト
プロフィール

1949年、大阪阿倍野区の大衆食堂「大和屋」の3人兄弟(姉・兄)の末っ子として生まれる。音楽の原点は、少年時代は三橋美智也、中学生時代はビートルズであった。姉に買ってもらったギターを独学で覚える。高校時代は軽音楽部に入部し、部員で構成されるバンドのヴォーカルを担当。大学生になり、アマチュアバンド(ピースメーカーズ~フーリッシュ・ブラザー・フット)を結成。神戸にあるアマチュアバンドのサークル「ポートジュビリー」に参加。ここで、このサークルの1年先輩である谷村新司と出会う。1971年、谷村新司よりプロへの誘いがあり決断。同年12月、「アリス」を結成。『走っておいで恋人よ』でデビューする。デビュー当初、関西を基点に活動していたが、1973年、神田共立講堂にて東京で初のアリス・リサイタル。1975年、『今はもうだれも』を発表。ヒットチャート上位に進出し、1977年『冬の稲妻』を発表。大ヒットとなりアリスの人気が決定的なものとなる。アリス時代の作詞家、小椋佳、故・阿久悠、荒木とよひさらとの出会いは、後の自身ソロ活動において貴重なものとなる。1980年、新レコード会社「ポリスター」発足と同時に移籍。1981年、アリスの活動停止を宣言。同年、東南アジア・ツアーで香港・バンコクで公演をし、11月の後楽園スタジアムで行われたファイナル・コンサートで活動停止となる。1984年、バックメンバーとして起用してきたシグナルとともに、堀内孝雄&ケインズを結成。1986年、ANB『欽っちゃんのどこまでやるの!』のテーマソングを機に番組にレギュラー出演。萩本欽一から、楽屋での人との接し方や相手の興味を引く話術を自然と教わる。1987年、「ALICE」6年ぶりのシングルを発表。1988年、NHK第39回紅白歌合戦に初出場。その後、数々の賞を受賞。2007年、父の日親善大使に任命。2009年、アリスメンバー全員が60歳を迎える節目として「ALICE」再始動をし、28年ぶりに全国35会場40公演に及ぶツアーを行う。2010年、アリスからデビューし歌手活動39周年を迎え、普通であれば40周年を記念するところだが「サンキュー」でおなじみの堀内ゆえの39周年を区切りとしようということになった。2013年、アリスとして26年ぶりのオリジナルアルバム『ALICE Ⅺ』を発売とともに、47都道府県ツアーも行う。

代表作

CDシングル『君のひとみは10000ボルト』(1978)
CDシングル『愛しき日々』(1986)
CDシングル『恋唄綴り/今日も最高やねェ!』(1990)

趣味・特技 ゴルフ
職種 音楽