みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

麿 赤兒 (まろ あかじ)

生年月日 1943/02/23
星座 うお座
干支 未年
血液型
出身地 奈良県
サイズ
公式サイト
公式SNS
所属事務所公式プロフィール
プロフィール

1943年生まれ、奈良県出身。早稲田大学中退。「ぶどうの会」(山本安英主宰)を経て、1964年より舞踏家土方巽に師事、その間、唐十郎との運命的な出会いにより状況劇場設立に参加。唐の「特権的肉体論」を具現化する役者として、60~70年代の演劇界に大きな変革の嵐を起こし、その後の動きに多大な影響を及ぼす。1972年に舞踏集団「大駱駝艦(だいらくだかん)」を旗揚げし、舞踏に大仕掛けを用いた圧倒的スペクタクル性の強い様式を導入。“天賦典式”(てんぷてんしき)と名付けたその様式は日本はもちろん、1982年のフランス・アメリカ公演で大きな話題となり、「Butoh」の名が世界を席巻する。麿赤兒の考え方である「一人一派」を実践し、「山海塾」天児牛大、室伏鴻等々舞踏集団・舞踏手を多数輩出。舞踏家として、毎年新作を国内外に向けて勢力的に振付・演出・上演し続けている一方で、映画・TV・舞台で独特の存在感を放ち、各方面から多くの支持を得ている。

代表作

フジテレビ『コンフィデンスマンJP』(2018)
テレビ朝日『やすらぎの刻~道』(2019)
映画『翔んで埼玉』(2019)

趣味・特技
職種 俳優・女優・タレント/文化人