みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

白井 晃 (しらい あきら)

生年月日 1957/05/21
星座 ふたご座
干支 酉年
血液型 O型
出身地 京都府
サイズ 174cm
公式サイト
公式SNS
白井晃・レコンオフィスのOfficial Site
プロフィール

早稲田大学卒業後、1983年~2002年まで「遊◎機械/全自動シアター」主宰を務める。 劇団活動中よりその演出力が高く評価され、多くの演出作品を手掛ける。演出家として作品を発表する一方、俳優としても舞台・映像ともに活躍する。2001年、2002年の舞台演出活動において第9回・第10回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。2005年、舞台『偶然の音楽』にて、平成17年度湯浅芳子賞(脚本部門)受賞。2012年、まつもと市民オペラ『魔笛』にて、第10回佐川吉男音楽賞受賞。2018年、『バリーターク』にて小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞。近年の主な出演作品は、舞台『出口なし』『三文オペラ』『趣味の部屋』『Lost Memory Theatre』『マクベス』『兵士の物語』『オセロ』ほか。演出作品は、舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』『ジャック・ザ・リッパー』『サンソン-ルイ16世の首を刎ねた男-』『ボーイズ・イン・ザ・バンド』『アーリントン』『No.9-不滅の旋律-』『恐るべき子供たち』『春のめざめ』『ビッグ・フィッシュ』『華氏451度』『オーランドー』『マハゴニー市の興亡』『レディエント・バーミン』『夢の劇』『マーキュリー・ファー』ほか2014年4月~2016年3月KAAT神奈川芸術劇場のアーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)、2016年4月~2021年3月同劇場の芸術監督を務めた。

代表作

フジテレビ『王様のレストラン』(1995)
舞台『偶然の音楽』演出(2005・2008)
舞台『No.9-不滅の旋律-』演出(2015・2018・2020)

趣味・特技
職種 俳優・女優・タレント/文化人