みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ (じゃっきーよしかわとぶるーこめっつ)

職種 音楽
グループ
メンバー名
ジャッキー吉川/高橋 健二/小田 啓義/三原 綱木
公式サイト
公式SNS
所属事務所公式プロフィール
プロフィール

昭和32年こと、協同企画・創設者の永島達司(後にザ・ビートルズ/アンディウイリアムス等の日本公演を手掛けた日本初の芸能プロモーター・伝説の呼び屋)が、当時の各バンドのリーダーだけを集めて結成したのが【ブルー・コメッツ】である。当時はロックコンボが母体のグループとして「米軍キャンプ・渋谷のジャズ喫茶」を中心に活動をしていたが、来日した「ジーン・ヴィンセント」のツアーコンサートのバックバンドに選ばれた程、音楽性を高めていった。その後、幾度かのメンバーチェンジを経て【ジャッキー吉川とブルー・コメッツ】に改名される。日本一のバックバンドを目指した彼らは、【こまどり姉妹/水原 弘/鹿内タカシ/中尾ミエ/伊東ゆかり/園まり/ザ・ピーナッツ/尾藤イサオ】等、さまざまなスターの演奏をした。それまでは、業界内での知名度・人気は高かったが【ジャニー喜多川】の誘いにより、【初代ジャニーズ(飯野おさみ/あおい輝彦/中谷 良/真家ひろみ)】のバック演奏を始めたのが切っ掛けで、一般的な知名度・人気を高めていったとされている。しかし、夢が叶った彼らの心に生まれたものは、日本一のバンドとは言っても所詮は演奏バンドという思いであった。「これからは自分たちも主役として歌いたい!!」「自分たちで音楽を作って、自分たちで演奏をしながら歌いたい!!」という思いから作られたのが、レコードデビュー曲「青い瞳」。今の時代では自分達で音楽を作り、自分達で演奏をしながら歌うのは当たり前のようにあるが、その当時は考えられない事であった為、反対されるばかりで理解してくれる者はいなかった。しかし、そんな時に理解を示してくれた【すぎやま こういち氏】の協力により、レコードデビューへの道に繋がったとも言われている。当時のレコード会社には専属制度があり、専属契約されている者だけしか レコードを出せなかった。そこで、洋楽部門には専属制度が無い事が分かり「青い瞳」を英語に書き換えてCBSコロムビア洋楽部門から昭和41年3月に発売された。その後「フジTV 人気音楽番組 ザ・ヒットパレード」に毎週出演をし、レコード販売枚数10万枚を記録し、コロムビアレコード専属になる。昭和41年、日本武道館にて開催された「ザ・ビートルズ日本公演」に出演。昭和41年7月、「青い瞳」日本語版を発売。(レコード販売枚数50万枚を記録)同年「第17回 NHK紅白歌合戦に初出場(出場曲:青い瞳)」昭和42年3月「ブルーシャトウ」を発売。(レコード販売総数:200万枚を記録)昭和42年5月【美空ひばり】とのコラボレーション曲「真赤な太陽」を発売(販売枚数140万枚を記録)同年「ブルーシャトウ」にて「第9回 日本レコード大賞」受賞。同年「第18回 NHK紅白歌合戦に出場」。昭和43年、アメリカに進出し、人気バラエティー番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演するなど、国内外に輝かしい実績を残した。同年「第19回 NHK紅白歌合戦に出場」。【ジャッキー吉川&ブルー・コメッツ】とは、まさに日本のポップス 今で言う【J・POP】を切り開いた音楽グループである。

代表作

『草原の輝き/マイ・サマー・ガール』(1968)
『ブルー・シャトウ』(1971)
『雨の賛美歌/運命だから』(1971)