STAR WARS(スターウォーズ)はネットフリックス(Netflix)では見れない?無料フル動画配信を視聴する方法や見る順番を解説

STARWARS(スターウォーズ)

Contents

STAR WARS(スターウォーズ)の無料視聴や無料動画を見る方法

STAR WARS(スターウォーズ)を無料配信している動画配信サービス

サービス配信無料期間
U-NEXT31日間無料
Netflix無料期間なし
Amazon Prime30日間(学生は6ヵ月)
Paravi14日間無料
FODプレミアム14日間無料
auビデオパス15日間無料
Hulu14日間無料
TSUTAYA DISCAS30日間無料

STAR WARS(スターウォーズ)の無料動画の配信サービスならU-NEXTがおすすめ!

  1. 最大4アカウントまで作成可能!家族や友達とシェアできる
  2. 毎月1200ポイント付与!お得にポイントを活用
  3. 雑誌や電子書籍まで見放題!

最大4アカウントまで作成可能!家族や友達とシェアできる

U-NEXTでは月額料金を支払えば、最大4つのアカウントを作成できます。また、4つのアカウントごとに視聴中の動画を管理できます。家族と同じデバイスで視聴していたとしても、家族に視聴している動画がバレません。

さらに視聴できるデバイスを4台まで設定できます。対して、他の動画配信サービスであるHuluは1台まで・Netflixは料金プランによって1台~4台までと制限があります。月額料金のみで、4人とU-NEXTの動画コンテンツをシェアできることがメリットの一つです。

毎月1200ポイント付与!お得にポイントを活用

U-NEXTの月額料金は1,990円と高いイメージがありますが、登録開始月から毎月1,200ポイントが付与されます。貯まったポイントは1ポイント=1円から利用できます。

 ポイントの利用方法はさまざまで、最新作の映画やドラマ、アニメはもちろん、電子書籍や映画館のチケット割引まで使用可能です。例えば、映画レンタル作品を視聴するためには1本およそ500~600ポイントが必要ですが、毎月もらえる1,200ポイントを利用すれば、実質2本無料で視聴できます。

雑誌や電子書籍まで見放題!

月額料金内で、70誌以上の雑誌も読み放題です。雑誌はニュースやファッション、旅行、美容、結婚・育児、アウトドアなど非常に豊富なジャンルが揃っています。

また、雑誌や電子書籍でも毎月もらえる1,200ポイントが利用できます。無料ポイントを使って、映画やアニメの原作漫画や小説を読むという楽しみ方もおすすめです。

DailymotionやPandoraの違法アップロードサイトの使用に関して

DaylymotionやPandoraは海外の動画共有サイトで、違法に動画がアップロードされているサービスです。視聴するだけで著作権の侵害にあたり、刑事罰が科される可能性もあります。

また、違法と分かっていながら動画コンテンツをダウンロードした場合ももちろん、著作権法に抵触するので、絶対に使わないようにしましょう。

違法アップロードサイトを利用すると、パソコンがウイルスに感染する恐れも考えられます。パソコンがウイルスに感染すると、操作できなくなったり、データが破壊されたり、想像以上の被害を受けるでしょう。

動画とは関係のない外部の危険なサイトへ誘導されるという事例もあります。違法アップロードサイトで動画を視聴することは、大変危険です。動画を視聴する際は、公式の動画配信サービスを利用しましょう。

STAR WARS(スターウォーズ)シリーズはNetflix(ネットフリックス)で観れない?

支配人

支配人

残念ながら、NetflixではSTAR WARS(スターウォーズ)シリーズを視聴できません。

Netflixはドラマやアニメだけでなく、オリジナル作品に特化した動画配信サービスです。動画作品数は5,474以上にのぼります。

料金は、最安値のベーシックプラン月額990円、スタンダードプラン月額1,490円、プレミアムプラン月額1,980円の3つの料金プランで、自分の好きなプランを選択できます。

料金プランの値段が上がるにつれ、映像の画質が良くなるのが特徴です。

STAR WARS(スターウォーズ)の見どころと評価

STAR WARS(スターウォーズ)シリーズは、広大な銀河系を舞台に物語が展開される超大作シリーズです。

1977年から2019年にわたり、全9作品が放映されました。第1作目公開から40年以上たった今でも愛されている作品です。

家族愛がテーマ!日常をドラマチックに描く

支配人

支配人

スペース・オペラと言われる宇宙を舞台にした壮大な物語です。

STAR WARS(スターウォーズ)の作品名やCMなどを見るとSFを思い浮かべますが、物語のテーマは「家族愛」です。STAR WARS(スターウォーズ)シリーズでは、日常的なテーマをドラマチックに再現されています。全作品を通して、スカイウォーカー家の家族愛が描かれています。

もちろん宇宙での戦争をダイナミックに描いたアクションやサスペンス、登場人物たちのラブストーリーなども細かく表現されているので、STAR WARS(スターウォーズ)シリーズではさまざまな物語を楽しめるでしょう。

特殊エネルギー体「フォース」に注目!光と闇の性質

支配人

支配人

フォースは万物に宿るモノ。東洋のアニミズムに通ずるものがあります。

フォースとは、目には見えないエネルギー体です。強い意志と精神集中によって自由に操作でき、身体能力や空間認識能力を強化します。

使用者の感情によってフォースの性質は2つに分かれます。穏やかな心から引き出される「ライトサイド(光)」と負の感情から引き出される「ダークサイド(闇)」の2種類です。

作品中では登場人物たちが引き出すフォースの性質に注目です。

映像美に注目!映像技術の土台を作った

支配人

支配人

STAR WARSは映像技術の進化を物語る作品です。

STAR WARSを制作するにあたり、特撮に特化したILMという工房ができました。ILM工房で映像を制作しているのをキッカケに、SFX(スペシャル・エフェクツ)という言葉が誕生します。

FXとは、SFやアクションなどの映像をリアルに表現できる技術です。SFXなしでは現代の映画作品は作れないレベルまで発展しました。CG技術を投入したVFXの技術が生まれたのも、STAR WARS(スターウォーズ)シリーズのおかげです。

STAR WARS(スターウォーズ)の作品紹介

STAR WARS(スターウォーズ)|家族愛と壮大な戦いを描く超大作

遥か彼方の銀河系を舞台に繰りひろげられる善と悪の壮大な戦いを描いた「スター・ウォーズ」シリーズの記念すべき第1作。帝国の支配下にある銀河系で、反乱軍が帝国の宇宙要塞デス・スターの設計図を奪取した。ダース・ベイダー率いる帝国軍の攻撃を受けた反乱軍の指導者レイア姫は、ドロイドのR2-D2に救援メッセージを託す。やがて砂の惑星タトゥイーンにたどり着いたR2-D2とその相棒C-3POは、農場で暮らす青年ルーク・スカイウォーカーに出会い……。後に本作の前章となる3部作(「エピソード1~3」)が生まれ、本作は第4部にあたる「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」とされた。

映画.com

STAR WARS(スターウォーズ)の登場人物・キャスト一覧

  • ルーク・スカイウォーカー(「エピソード4」~「エピソード9」)
  • レイア・オーガナ (「エピソード4」~「エピソード9」)
  • ハン・ソロ (「エピソード4」~「エピソード7」)
  • オビ=ワン・ケノービ (「エピソード1」~「エピソード6」)
  • ヨーダ (「エピソード1」~「エピソード3」、「エピソード5」、「エピソード6」、「エピソード8」)
  • ダース・ベイダー (「エピソード3」~「エピソード6」)
  • アナキン・スカイウォーカー (「エピソード1」~「エピソード3」)
  • レイ (「エピソード7」~「エピソード9」)
  • カイロ・レン (「エピソード7」~「エピソード9」)
  • C-3PO (「シリーズ全作」)
  • R2-D2 (「シリーズ全作」)
  • チューバッカ (「エピソード3」~「エピソード9」)

STAR WARS(スターウォーズ)の注目キャストはアナキン・スカイウォーカー!

支配人

支配人

最強の力を持ちながら、使い方を誤る悲哀を感じるダークヒーローです。

アナキン・スカイウォーカーは新3部作の主人公です。新3部作とは、エピソード1~3を指します。

各シリーズによって姿を変えるアナキン・スカイウォーカー(以下アナキン)に注目です。エピソード4~6ではダークサイドに引き込まれ、闇落ちしたダース・ベイダーへと変貌します。新3部作では、アナキンがダース・ベイダーになってしまった過程が語られます。

新3部作は、アナキンの生い立ちから青年時代をたどる物語です。アナキンには父親がおらず、少年時代は母親のシミとともに奴隷として暮らしていました。物語の中盤ではアナキンが母親シミの死を通して、抑えていた感情が爆発したことをキッカケに負の連鎖に引き込まれていきます。

STAR WARS(スターウォーズ)の各シリーズあらすじ

エピソード4/新たなる希望

エピソード4はシリーズ第1作品目の物語で、広大な銀河系を舞台に描かれています。ジェダイ騎士団と共和国が滅び、銀河系は銀河帝国によって支配されていました。反乱同盟軍は銀河帝国に抵抗するため、帝国軍の要塞であるデス・スターの破壊を計画します。

無事に反乱軍はデス・スター極秘設計図のデータを盗み出しますが、暗黒卿であるダース・ベイダーが反乱軍を追い込んでいきます。

主人公は、ルーク・スカイウォーカーです。ルーク・スカイウォーカーはアボ=ワン・ケノービと出会い、反乱軍として戦いに参加します。帝国軍に捕らわれたレイア姫の救出を決意します。

帝国軍と反乱軍の戦いを通して、ルーク・スカイウォーカーがジェダイとして覚醒する過程に注目です。

エピソード5/帝国の逆襲

反乱軍は銀河帝国の要塞であるデス・スターの破壊に成功します。帝国軍は反乱軍を容赦なく追い込んでいきます。帝国軍の攻撃は留まらず、反乱軍は撤退を決意しました。

その後、ルーク・スカイウォーカーは惑星ダゴバにたどり着きます。ルーク・スカイウォーカーはヨーダに出会います。ヨーダは伝説のジェダイ・マスターのひとりです。

一方、ダース・ベイダーはクラウド・シティにて、若きルーク・スカイウォーカーをダークサイドへと引き込もうと目論みます。

エピソード6/ジェダイの帰還

ダース・ベイダーを軸にした物語は、本エピソードにて完結します。舞台は銀河帝国の逆襲から半年後。帝国軍が第2となるデス・スターの建造を開始しました。

反乱軍は微力ながら総力をかき集め、デス・スターの破壊を計画します。ルーク・スカイウォーカーはダース・ベイダーとの最後の戦いに挑みます。

エピソード1/ファントム・メナス

シリーズ新3部作の第1作目です。エピソード4よりはるか昔の銀河が舞台です。ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとその弟子であるオビ=ワン・ケノービの2人が軸となって、ストーリーが展開されていきます。

クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービの2人は、銀河系の戦いに巻き込まれた女王パドメ・アミダラの救出に成功しました。その後、幼きアナキン・スカイウォーカーに出会います。幼きアナキンは、すでに特別な力「フォース」を開花しようとしていました。

エピソード2/クローンの攻撃

エピソード2からは、ジェダイであるアナキン・スカイウォーカーの成長と戦いが描かれています。アナキンは女王パドメ・アミダラの護衛として働いているうちに、アナキンとパドメはお互いに恋心を抱いてしまいます。

銀河共和国はドゥーク伯爵によって新たな脅威に晒されてしまいます。アナキンとパドメ、そしてオビ=ワン・ケノービが銀河系の戦争に立ち向かうのでした。

エピソード3/シスの復讐

ジェダイとダークサイドの戦いが描かれています。シリーズ新3部作のクライマックスです。

ジェダイ率いるクローン軍は、各地でドロイド軍と攻防を繰り広げます。アナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービは、拉致されたパルパティーン最高議長の救出に成功。アナキンはパドメとの恋とジェダイへの忠誠の間で思い悩み、徐々にダークサイドへと引き込まれてしまいます。

エピソード7/フォースの覚醒

エピソード6の続きから、物語は始まります。主人公は、孤独に生きる女性のレイです。レイは砂漠の惑星で家族の帰りを待ち続けていました。

ある日謎のドロイドBB-8と脱走兵フィンとの出会いをキッカケに、レイの運命は一変します。

一方、帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探します。特別な力である「フォース」を巡る新たな伝説の始まりです。

エピソード8/最後のジェダイ

ルーク・スカイウォーカーは伝説のジェダイとなり、広大なる銀河系に多大なる影響を及ぼしました。レイはフォースが覚醒し、ルークのもとで修行を続けます。

修行を終えたレイは、カイロ・レンに挑みます。カイロ・レンは、ダース・ベイダーの後継者です。さらに、銀河系を巻き込んだ戦闘は激化します。銀河系を舞台にした壮絶なバトルが幕を開けます。また、レイア姫演じるキャリー・フィッシャーがエピソード8の撮影後に亡くなり、彼女の遺作ともなりました。

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

エピソード9/スカイウォーカーの夜明けは、40年にも渡り銀河系で繰り広げられたシリーズの最終章です。カイロ・レンは祖父であるダース・ベイダーの意志を継ぎ、銀河系を支配していました。

レイはルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、カイロ・レン討伐に立ち上がります。長く繰り返された戦争も、ついに最終決戦を迎えます。

ローグ・ワン/スターウォーズストーリー

ローグ・ワン/スターウォーズストーリーは、本作では描き切れなかった外伝です。時系列で見ていくと、エピソード3とエピソード4の間にあたります。

レイア姫が、帝国軍が所持しているはずのデス・スター設計図をR2-D2に預けることから始まります。ローグ・ワン/スターウォーズストーリーは、デス・スターの設計図を求めて奮闘するヒーローたちの物語です。

また、登場人物ひとりひとりの人間模様も細かく表現されており、戦いの描写だけでなく人間ドラマも楽しめる作品です。

ハン・ソロ/スターウォーズストーリー

ハン・ソロ/スターウォーズストーリーは、STARWARS(スターウォーズ)シリーズで2018年に公開された第10作品目です。密輸業者ハン・ソロを主人公としたスピンオフ作品です。

時系列はエピソード4の10年以上前、若かりしハン・ソロの生き様が語られます。ハン・ソロの初恋の相手やチューバッカ、親友ランド・カルリジアンとの出会いや、ハン・ソロが帝国軍への入隊を決めた過程が描かれています。

STAR WARS(スターウォーズ)シリーズを見る順番は?

公開順で見る

支配人

支配人

まずはここから!

  1. エピソード4/新たなる希望
  2. エピソード5/帝国の逆襲
  3. エピソード6/ジェダイの帰還
  4. エピソード1/ファントム・メナス
  5. エピソード2/クローンの攻撃
  6. エピソード3/シスの復讐
  7. エピソード7/フォースの覚醒
  8. エピソード8/最後のジェダイ
  9. エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

STARWARS(スターウォーズ)シリーズを初めて見る方には、公開順で視聴することをおすすめします。公開順に視聴すると、キャラクターの驚くべきエピソードや秘密を順番に楽しめたり、映像の進化を感じられたり、まるでリアルタイムで見ているかのような高揚感や驚きを味わえるからです。

とくに最初に公開されたエピソード4~エピソード6までの旧3部作は、なにも知らない状態で視聴するのがおすすめです。新3部作であるエピソード1~3は、旧3部作のエピソード4~6の答え合わせになっています。 

旧3部作ではアナキン・スカイウォーカーとルーク・スカイウォーカーの親子の秘密が語られ、新3部作では親子の秘密が明らかになっていきます。旧3部作を見た後に新3部作を見て、だんだんと秘密を解き明かしていくのが楽しい見方ではないでしょうか。

また、続3部作であるエピソード7~9を視聴する上では、過去の物語や登場人物の関係性が重要になってきます。続3部作は、旧3部作と新3部作の物語や登場人物を把握してから視聴するのがおすすめです。

時系列で見る

支配人

支配人

2周目以降に見ると、新たな発見になります!

  1. エピソード1/ファントム・メナス
  2. エピソード2/クローンの攻撃
  3. エピソード3/シスの復讐
  4. ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
  5. ハン・ソロ/スターウォーズストーリー
  6. エピソード4/新たなる希望
  7. エピソード5/帝国の逆襲
  8. エピソード6/ジェダイの帰還
  9. エピソード7/フォースの覚醒
  10. エピソード8/最後のジェダイ
  11. エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

時系列で見ると、STAR WARS(スターウォーズ)シリーズで語られる出来事を順番に理解できます。とくにもう1度STAR WARS(スターウォーズ)シリーズを見返したい人や、物語の詳細をもっと知りたい方は時系列順での視聴がおすすめです。

最初のエピソード1から見ると、アナキン・スカイウォーカーからルーク・スカイウォーカーまで順番にスカイウォーカー家の歴史を辿れます。

スピンオフ作品のローグ・ワン/スターウォーズストーリーと本作の繋がりも分かるので、STAR WARS(スターウォーズ)シリーズの流れが理解できます。

エピソード1~3は暗い話や政治的な駆け引きが多いため、初めて視聴する方は脱落してしまうかもしれません。また、時系列順だと制作年がどんどん古くなっていくので映像技術が後退しており、映像技術には少し抵抗を感じてしまいます。

STAR WARS(スターウォーズ)最後のジェダイは一番ひどい噂について

支配人

支配人

海外をはじめ、大炎上したのは記憶に新しいですね。

STAR WARS(スターウォーズ)シリーズ最終章であるエピソード8/最後のジェダイは、落胆・憤慨するファンがとても多かったようです。ファンたちは「ルーク・スカイウォーカーとジェダイの伝説を壊した作品だ」と酷評します。

エピソード8/最後のジェダイが酷評された理由は、ファンにとってSTAR WARS(スターウォーズ)シリーズの世界観や一貫性を崩されたかのように感じる作品だったからです。エピソード8/最後のジェダイでは今までのシリーズにはないギャグ要素やユーモアの過剰演出、フォースがまるでチート能力のように使われました。 

一方、エピソード7までとは一味違ったSTAR WARS(スターウォーズ)を味わえたと絶賛する声も多数あがっています。

新スターウォーズシリーズのポリコレ問題について

支配人

支配人

時代の流れでしょうか。

エピソード8/最後のジェダイは、「ポリコレ問題」に関する話題も集めています。ポリコレとは「ポリティカル・コレクトネス」の略語で、社会正義思想を指します。女性、子ども、性的・人種的・民族的マイノリティーなど「弱者」とされる人々に対し、心情や尊厳を害さないように「配慮」を求める思想です。 

エピソード8/最後のジェダイでは、ポリコレ要素が多く含まれています。映画内に含まれたポリコレ要素の描写が、とても稚拙だと評価されてしまいました。 

作品中の登場人物は白人俳優が多い一方、ローズ役を務めたのは非白人女性のケリー・マリー・トランでした。ローズの性格は暗く、周囲の足を引っ張るような役でした。その上、ローズは黒人であるフィンに惚れます。

エピソード8/最後のジェダイを見たファンは、非白人女性ローズと黒人男性フィンの登場に対し、「(白人に比べ)マイノリティーだからという理由だけで登場させただけに思える」と批評しました。

まとめ-STAR WARS(スターウォーズ)シリーズを観るならU-NEXT!

STARWARS(スターウォーズ)シリーズ全9作を視聴するなら、動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTでは毎月1,200ポイントが貯まるので、貯まったポイントはU-NEXTの動画レンタル料金に充てて、お得に動画を視聴できますよ。 

動画だけでなく雑誌の読み放題も充実しているので、さまざまな楽しみ方を体験できます。 

STARWARS(スターウォーズ)シリーズを視聴したい方は、U-NEXTでぜひ試してみてください。

関連記事