【泣ける】失恋がテーマの映画ランキング(洋画・邦画)|片思いからカップルの失恋まで!元気が出る神映画を厳選

おすすめの失恋映画ランキング BEST5〜洋画編〜

5位:(500)日のサマー

建築家になることを目標にしつつも別の会社で働く主人公のトム。あるとき社長秘書としてやってきたサマーに一目ぼれをします。運命だと思ったトムは何度もアタックしますが、サマーはトムのことを友達だと思っていました。

作品名(500)日のサマー
公開年2010年
監督マークウェブ
キャストジョセフ・ゴードン=レビット
ズーイー・デシャネル
Filmarksスコア3.6

最後まで分からない展開にドキドキ

ストーリーは「○日目の話」といったように、時系列に沿ってトムとサマーの恋愛模様が描かれています。488日目から始まり、次は1日目になるなど、順番がバラバラで語られることもあります。

見ている人は、急に過去の話に戻るため混乱するかもしれません。しかしこのバラバラの時系列によって、「ラストはどうなるのだろう」と2人の行く末が気になります。最後までドキドキする映画です。

管理人

管理人

よく時系列が切り替わるので、しっかり見るのがおすすめ!

ロケ地の素朴さが作品の感情移入につながる

『(500日)のサマー』を魅力的な映画にしているのは、作品で使われたロケ地の存在が大きいです。舞台はアメリカ・カリフォルニア州のLAで、主にダウンタウンが使われました。LAといえば、サンタモニカのビーチやハリウッドの大通りなど、華やかな場所が印象的ですね。(500日)のサマーで2人がデートする場所は、ビルやアパート、エンジェルズ・ノール・パークという公園など、華やかというより素朴な場所でした。逆にそういった場所が舞台だからこそ、主人公たちに親近感がわき、感情移入がしやすいのだと感じます。

4位:LA・LA・LAND(ラ・ラ・ランド)

売れないジャズピアニストのセブと、女優の卵のミア。お互い売れない日々が続いていたあるとき、パーティーで2人は出会います。お互いにひかれていき、夢に向かって一緒に頑張っていきますが、次第に溝ができていきました。

作品名LA・LA・LAND(ラ・ラ・ランド)
公開年2017年
監督デイミアン・チャゼル
キャストライアン・ゴズリング
エマ・ストーン
Filmarksスコア3.9

思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画

『ラ・ラ・ランド』の見どころは、ミュージカル映画ならではの軽快な歌とダンスです。映画が始まってからすぐ、交通渋滞をしている車から人々が飛び出して踊り始めます。「これからどんな物語が始まるのだろう」とワクワクさせられるオープニングです。また主人公のセブが弾くピアノ曲「Mia & Sebastian’s Theme」も作品のなかで印象的に使われます。ミュージカル映画が好きでよく見ている人は楽しめますよ。

管理人

管理人

『ラ・ラ・ランド』は歌とダンスも話題になりましたね

夢を持つすべての人に勇気を与える

映画『ラ・ラ・ランド』のテーマには、主人公たちの恋愛だけでなく「夢と現実」があります。セブはジャズのお店を開くこと、恋人のミアは大女優になることが夢です。お互い励まし合いながら、ときにぶつかり合いながらも夢を叶えようと頑張る姿に、見ていて励まされました。叶えたい夢がある人にとっては、特に勇気をもらえる映画だと言えます。2人の夢はどうなっていくのかにも注目してみてくださいね。

3位:エリザベスタウン

主人公のドリューは大手のデザイン会社で働いていましたが、突然会社を辞めさせられます。自殺をしようと考えた矢先に、父親の訃報が届きました。故郷のエリザベスタウンに戻る途中の飛行機にいた、客室乗務員のクレアと親密になります。エリザベスタウンにいた親戚やクレアに助けられ、ドリューはかつての自分を取り戻そうと奮闘するのでした。

作品名エリザベスタウン
公開年2005年
監督キャメロン・クロウ
キャストオーランド・ブルーム
キルステン・ダンスト
Filmarksスコア3.6

自信を失った人に勇気を与えるストーリー

『エリザベスタウン』の見どころは、自信を失った人が立ち上がろうとするストーリーです。誰しも一度は、壁にぶつかったり自信をなくしたりしたことがありますよね。主人公のドリューは、開発したシューズが全く売れず会社を辞めさせられました。一度は自殺しようとまでしましたが、なんとか踏みとどまります。周りの人の温かさに触れ、自信を取り戻そうとするドリューに自分を重ねる人もいるはずです。ストーリーの面白さが1番の見どころだと言えます。

管理人

管理人

元気がないときに見ると勇気をもらえますよ

最後まで分からない2人の恋愛模様が気になる

ドリューとクレアの恋愛模様が気になるところも、映画の見どころです。良い雰囲気になる場面が何度もありますが、ドリューは自分に自信を失っていてなかなか進展しません。そんなドリューに対して、いらだつクレア。見ている人もきっと、クレアと同じ気持ちを感じるはず。一度絶望を味わったドリューには幸せになってほしい、そんな思いを抱きながら見ていました。最後まで展開が分からない、2人の恋愛のゆくえにも注目です。

2位:ブルーバレンタイン

運命的な出会いから恋がスタートしたディーンとシンディー。順調に付き合っていましたが、あるときシンディーが別の男との子どもを身ごもった事実を知ります。「それでもいいから結婚しよう」と言ったディーン。2人は幸せな結婚生活を始めます。しかし、2人の気持ちはだんだんと変化をしていくのでした。

作品名ブルーバレンタイン
公開年2011年
監督デレク・シアンフランス
キャストライアン・ゴズリング
ミシェル・ウィリアムズ
Filmarksスコア3.7

恋愛と結婚のリアルな描写が切ない

『ブルーバレンタイン』の見どころは、恋愛と結婚のリアルが分かるところです。運命の出会いから始まった2人が、いざ一緒に生活していくと少しずつ関係が冷めていきます。「恋愛と結婚は違う」とよく言いますが、そんなリアルさをひしひしと感じさせる描写に切なさを感じました。恋愛や結婚の教訓として見ておきたい人におすすめです。

管理人

管理人

良くも悪くも、リアルな恋愛を疑似体験ができる作品です

男女で見方が変わり、深く考えさせられる映画

『ブルーバレンタイン』は、男女で見方が大きく変わります。関係を修復しようと頑張るディーンに対して男性からは同情の声が、拒絶するシンディーに対して女性からは共感の声がありました。2人の行動については賛否両論ありますが、男女の違いがあるからこそ生まれる意見です。作品から男と女の違いを知ることができる部分も、見どころの1つだと言えます。

1位:エターナル・サンシャイン

主人公のジョエルは、恋人のクレメンタインとの喧嘩をきっかけに、2人の記憶を消す手術を受けます。寝ている間に特定の記憶が消去されるのですが、そこで記憶を再体験することになりました。再体験をするうちに、「やっぱり記憶を消したくない」と思ったジョエルは抵抗をし始めます。

作品名エターナル・サンシャイン
公開年2005年
監督ミシェル・ゴンドリー
キャストジム・キャリー
ケイト・ウィンスレット
Filmarksスコア3.7

「記憶を消す」現実にはないユニークな設定

『エターナル・サンシャイン』の見どころは、登場人物が「記憶を消す手術」を受けるといった、ユニークな設定です。主人公ジョエルは、恋人のクレメンタインのことを忘れるために記憶を消す手術を受けます。しかし、消したくないと思ったジョエルは、無意識のなかで抵抗を始めます。2人の楽しかった日々をなぞりながら作品を見ていると、ジョエルには記憶を消してほしくないと感じました。現実にはない設定ですが、「もし本当に記憶を消す装置が存在したら」と、考えさせられる映画です。

管理人

管理人

ありそうでなかったユニークな設定ですよね

主人公に共感できる切なさ満点の作品

忘れられない恋をした経験がある人なら共感できる内容も、『エターナル・サンシャイン』の見どころです。ジョエルは記憶を消す手術を受けました。しかし、2人で過ごした日々を再体験するうちに、記憶を消したくないと感じます。誰しも一度は、恋人と別れたあとに「早く忘れたい」と思ったことがありますよね。でも本当に消してしまったら、と想定しながら作品を見ると、思い出を大切にしようと感じるはず。主人公に深く感情移入ができる作品です。

おすすめの失恋映画ランキング BEST5〜邦画編〜

5位:陽だまりの彼女

中学時代の同級生だった主人公の浩介と、初恋の相手である真央。真央は中学時代に勉強ができなくていじめられていたが、素敵な大人の女性になっていました。そんな真央に浩介は再び恋をするが、真央は誰にも言えない不思議な秘密を抱えていたのです。

作品名陽だまりの彼女
公開年2013年
監督三木孝浩
キャスト松本潤・上野樹里
Filmarksスコア3.4

真緒が抱えている秘密とは

『陽だまりの彼女』の最大の見どころは、真緒が持っている秘密です。主人公の浩介は真緒と結婚しますが、真緒のだんだんと元気がなくなっていく姿を見て心配になります。どのような秘密なのか最後まで分からない展開に、見た人はドキドキするはず。作品のなかにはさまざまなところに伏線が張られているので、細かい部分まで見るのがおすすめですよ。

管理人

管理人

最後まで分からない展開にドキドキしました

原作に忠実なストーリーとイメージにぴったりのキャスト

『陽だまりの彼女』は小説を読んでから映画を見ました。映画は原作に忠実に作られていたので、小説を読んだ人でも十分に楽しめます。特に上野樹里さんは、不思議な雰囲気のある真緒の役にぴったりでした。また浩介役の松本潤さんの切ない演技にも、感情移入をしてしまいます。原作を読んだ人にもおすすめの作品です。

4位:世界から猫が消えたなら

脳腫瘍で余命がわずかとなった郵便配達員の青年。そんな青年の前に見た目が同じ姿の悪魔が現れます。悪魔は「世界から1つものを消すたびに、1日だけ命を与える」と言いました。青年は電話、映画、そして猫を消していきます。しかし何かを消すたびに、ものの思い出も一緒に消えてしまうのでした。

作品名世界から猫が消えたなら
公開年2016年
監督永井聡
キャスト佐藤健・宮崎あおい
Filmarksスコア3.6

主人公がラストにする決断とは

『世界から猫が消えたなら』は、余命わずかな主人公が最後にどのような決断をするのかが見どころです。悪魔との取引によって、主人公は世界から1つずつものを消していきます。チョコレートや時計、映画や最後には猫まで。しかし、ものに消すのと同時にものに関する記憶も消えてしまいます。実際に主人公と同じ立場だったら、「自分はどのような行動をとるだろう」と考えながら見ていました。ラストの展開にぜひ注目です。

管理人

管理人

「もし自分が主人公だったら」と考えながら見ていました

レトロな印象のある函館のロケ地

北海道・函館を使った印象的な建物や街も、作品の見どころの1つです。「彼女」が働いている映画館・ミナト座は、はこだて工芸舎というギャラリーショップを使用しました。また「僕」と彼女が再会するシーンでは、実際に使われている市電が登場します。全体的にレトロな印象のある函館の建物や街が、さらに作品の魅力を引き出していました

3位:君の膵臓をたべたい

高校時代の同級生、山内桜良の言葉をきっかけに「僕」は母校の教師になりました。ふとしたきっかけで、彼は彼女と過ごした数か月間を思い出します。高校時代に彼女は膵臓の病になり、闘病生活をつづった日記を書いていました。偶然日記を見つけた「僕」は余命わずかな彼女と一緒に過ごすことに。そして彼女の死から12年が経ち、桜良が本当に伝えたかったことを知ります。

作品名君の膵臓をたべたい
公開年2017年
監督月川翔
キャスト浜辺美波・北村匠海
Filmarksスコア3.7

作品にちりばめられた伏線や2人の関係性が気になる

『君の膵臓をたべたい』は、作品に点在する伏線、2人の複雑な関係性など、物語の内容自体が見どころです。作品を見る前は恋愛の話だろうと思っていましたが、実際に見てみると少しミステリアスな雰囲気のある作品でした。恋愛映画が苦手な人でも見られる作品なので、気になる人はぜひ見てみてくださいね。

管理人

管理人

作品を見てみるとタイトルに込められた意味が分かります

原作にはないオリジナルストーリーが楽しめる

映画は原作にはないオリジナルストーリーが含まれています。桜良と過ごした日から12年後のシーンは、原作にない部分もありました。小説を読んでいなくても分かるストーリーになっていて、原作を読んでいる人はまた違ったお話を楽しめますよ。

2位:秒速5センチメートル

ひかれあっていた男女の心の変化を描く、3部作の短編アニメーションです。小学校を卒業すると同時に遠くに離れてしまった貴樹と明里。なかなか会えずにすれ違ってばかりの2人でしたが、大人になってから偶然再会を果たします。

作品名秒速5センチメートル
公開年2007年
監督新海誠
キャスト水橋研二・近藤好美
Filmarksスコア3.5

見た人によって受け取り方が変わるラストは必見

『秒速5センチメートル』の見どころは、2人の関係性が気になるラストの場面です。主人公の貴樹は、転校してしまった明里と会えないまま大人になります。そして物語のラストでは明里に似た人を見かけました。長い年月が経ったあと2人はどのようになっていったのか、見た人によって受け取り方が変わるラストは必見です。

管理人

管理人

意味深なラストの描写が印象的ですよ

新海誠監督が描く美しい映像

『秒速5センチメートル』は、『君の名は』『天気の子』などの代表作にもあるように、新海誠監督ならではの美しい描写が印象的です。星空や草木、季節の移り変わりを感じさせる描写など、見ているだけでもうっとりする作品でした。美しい映像のアニメを見たい人におすすめです。

1位:花束みたいな恋をした

大学生のときに終電を逃したことから出会った麦と絹。同じ趣味が多かったのもあり意気投合をして、大学を卒業後はフリーターとして働きながら同棲を始めます。2人で楽しく暮らしながら就職活動を進めていきますが、あることをきっかけに少しずつ溝が生まれていきました。

作品名花束みたいな恋をした
公開年2021年
監督土井裕泰
キャスト菅田将暉・有村架純
Filmarksスコア4.0

男女の出会いから別れをリアルに描いた作品

『花束みたいな恋をした』の見どころは、誰もが経験したことのある出会いから別れを描いた内容です。5年間一緒に暮らしてきた麦と絹ですが、あるきっかけから少しずつすれ違っていきます。出会いから別れを描いた映画はほかにもありますが、そのなかでもリアルに描かれている作品は少ないと感じています。そのため、麦の絹それぞれの気持ちが分かり共感できる人も多いはず。等身大の恋愛映画を見たい人におすすめです。

管理人

管理人

2人のリアルな恋愛模様に共感の声がたくさんありました

作品に次々と登場するポップカルチャーも見どころ

日本のポップカルチャーの名前が次々と作品に登場するのも、見どころの1つです。作品のなかでは、『ゴールデンカムイ』や『宝石の国』、押井守監督や今井夏子など、麦と絹が共通で好きな作品や人物の名前が挙げられます。一般的に見れば少しマニアックな趣味を持っている2人ですが、同じようなカルチャーが好きな人はさらに作品を楽しめますよ。

 

片思いをテーマにした切ない失恋映画2選

シザーハンズ

丘の上の屋敷に住む博士によって、人造人間として生まれたエドワード。完成しないまま主人はなくなってしまったのですが、あるきっかけで屋敷を出ることになりました。そして町で出会った娘のキムに恋をします。

作品名シザーハンズ
公開年1991年
監督ティムバートン
キャストジョニーデップ
ウィノナライダー
Filmarksスコア3.8

ピュアな心を持つ人造人間のエドワードにほっこり

『シザーハンズ』の見どころは、人造人間エドワードというキャラクターです。博士によって造られたエドワードは、両手にハサミを持っています。丘の上の屋敷を離れて街に行くことなったエドワードは、初めて見るものに好奇心旺盛でした。ピュアな心を持ちながら無邪気に喜ぶ姿に、見た人はほっこりするはず。ジョニー・デップが演じる、エドワードの可愛らしさに注目です。

管理人

管理人

心やさしいエドワードに癒されること間違いなしです

ポップでファンタジーな世界観にも注目

おとぎ話のような世界観も、『シザーハンズ』の見どころの1つです。作品を制作したのは、『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』で有名なティム・バートン監督でした。作品に出てくるカラフルな家は、実際にある家を塗装したそう。登場人物が着ている衣装や小道具なども、よく作られていてどれもおしゃれですよ。ティム・バートンのファンタジーな世界観が好きな人におすすめです。

ハチミツとクローバー

美大に通う主人公の竹本は、友人たちと楽しい学生生活を送っていました。あるときに絵が天才的に上手なはぐみに出会い、竹本は一目ぼれをします。しかし、竹本の周りではそれぞれが片思いの恋愛をしていたのでした。

作品名ハチミツとクローバー
公開年2006年
監督高田雅博
キャスト櫻井翔・蒼井優
Filmarksスコア3.3

主人公たちの恋愛模様に共感できる

『ハチミツとクローバー』の見どころといえば、大学生の男女5人が描く複雑な恋模様です。5人それぞれが片思いで、なかなか進展しない関係にやきもきしました。しかし、一生懸命に恋をする主人公たちの姿には、自然と共感ができます。片思いのドキドキや切なさを感じたい人におすすめです。

管理人

管理人

みんなの恋がなかなか進展しなくてもどかしい……!

有名なキャストたちが原作を忠実に再現

原作のイメージにぴったりのキャストが出演しているのも、『ハチミツとクローバー』の見どころです。特に主人公が恋をする相手のはぐみ役を演じたのは蒼井優さんで、原作のイメージにぴったり。はぐみの天才肌や不思議な雰囲気を蒼井優さんは見事に演じていました。ほかにも櫻井翔さんや加瀬亮さんなど、現在も活躍している人たちが出演しています。原作を読んだ人も、ぜひ見てみてくださいね。

関連記事