日本沈没を無料フル動画配信を視聴する方法を解説!日本沈没(1973)の評価と見どころは?

日本沈没アイキャッチ

日本沈没(1973)の無料視聴や無料動画を観る方法

日本沈没(1973)を無料配信している動画配信サービス

名称
U-NEXT
NetflixAmazon Prime
Paravi

FOD

Hulu

TSUTAYA TV
配信ありありありなしなしなしなし
無料期間31日間なし30日間14日間14日間14日間30日間
同時
視聴可能台数
4台1台〜4台3台1台
DL不可不可
配信数210,000本50,000本70,000本10,000本
月額料金¥2,189¥990~¥500~¥1,017¥976¥1,026¥1,026
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

映画『日本沈没(1973)』は、U-NEXTとNetflixで配信中です。

Netflixには無料体験サービスがありませんが、U-NEXTなら無料体験サービスを利用して、映画『日本沈没(1973)』を無料でフル視聴することができます。

日本沈没(1973)の無料動画はU-NEXTがおすすめ!

映画『日本沈没(1973)』を無料で観るなら、U-NEXTがぴったりです。

U-NEXTは、初回限定で有料会員と同じサービスを体験できる無料体験があるので、それを利用すればお金をかけずに映画、ドラマ、アニメなどの映像コンテンツと書籍の読み放題を楽しむことができます。

  1. 利用可能なコンテンツ数が業界トップクラス
  2. 無料トライアル期間が業界トップクラス
  3. 同時視聴・画質選択などの機能が充実している

利用可能なコンテンツ数が業界トップクラス

U-NEXTが配信している本数は、21万本以上と動画配信サイトの中ではトップクラスのコンテンツ数を誇ります。ジャンルは、邦画、洋画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ向け、舞台・ミュージカル、音楽ビデオ、アダルトなど幅広く取り揃えているのも特徴のひとつです。特に、洋画は新作から他のサイトでは配信していないようなニッチな作品まであるため、映画好きな方はチェックしてみてください。

映像コンテンツに加えて、61万本以上の電子書籍の利用も可能です。漫画、書籍、ラノベの充実もU-NEXTの大きな魅力であるため、普段から「映像コンテンツ」+「電子書籍」を頻繁に利用する方におすすめします。

無料トライアル期間が業界トップクラス

U-NEXTの無料トライアル期間は、業界最長の31日間です。この期間に解約手続きを行えば月額料金を支払うことなく、動画の見放題サービスと書籍の読み放題サービスを全て無料で利用することができます。

31日間トライアルをしてみて、月額会員になるか、とりあえずは無料期間だけでやめるか選択することができるのはいいですよね。

解約手続きは、数回のステップで完了する簡単なものなので、気軽に無料トライアルをしてみてはいかがですか。

同時視聴・画質選択などの機能が充実している

U-NEXTは、ひとつの契約で最大4つのアカウントを利用することができます。月額料金は、2,189円(税込)と他の動画配信サービスと比較すると若干割高です。しかし、4つのデバイスから同時視聴できるという事は、4人でアカウントシェアを行えば実質ひとり500円程でサービスを利用できる事になります。

また、テレビに繋いで高画質で視聴したり、データ量やインターネット通信料を抑えたいときに低画質で視聴したりと、時と場合に応じて画質を選択することができます。

DailymotionやPandora、9tsuの違法アップロードの使用に関して

インターネットで『日本沈没(1973)』の無料視聴を検索すると、dailymorionやPandora、9tsuなどの会員登録なしで本編が観られるサイトが出てくる場合があります。

しかし、これらは違法にアップロードされた動画であるため、無断でダウンロードすると犯罪になります。

また、しつこく広告が表示されたり、外国語の字幕が出たり、PCがウイルス感染するなどのリスクがあるため、絶対に視聴するのはやめましょう。

U-NEXTであれば、”無料”で、”安心安全”に『日本沈没(1973)』を視聴することができるので、U-NEXTを利用しましょう!

日本沈没(1973)の見どころと評価

日本沈没(1973)の見どころと評価

メガホンを取るのは森谷司郎!

支配に

支配に

長い下積みを経験した実力派の映画監督

『日本沈没(1973)』の監督を務めた森谷司郎は、日本映画界の重鎮・黒澤明や成瀬巳喜男などの有名監督の助監督を10年以上務めた経歴を持っています。

長居下積み経験後、当時の東宝史上最大規模・5億円の制作費を使って特撮のSF映画を完成させたのが本作です。

特撮映画は、お金をかければかけるほどいいものになると言われています。長年培った映画監督としての実力と巨額の製作費によって、映画の歴史に語り継がれる傑作映画が誕生したといえます。

70年代とは思えない技術で演出した日本列島の沈没シーンに注目

支配に

支配に

これぞ、日本映画の金字塔!

CG技術がない時代に制作された『日本沈没(1973)』は、ミニチュアの特撮を用いて、日本列島を自然が飲み込んでいる様子を再現しています。

特に、”東京地震”のシーンは圧巻です。

CGアニメーションしか観たことがない人にとっては、ミニチュア模型を使った演出が不自然に思えるかもしれません。しかし、今から40年も昔、パソコンも無かった時代に作られた作品であることを踏まえて鑑賞してみると、CGにはないリアルさがあります。比較してみると楽しめること間違いなしです。

製作陣、キャストの多くは戦争経験者であった

支配に

支配に

経験者だからこそ描くことのできる被災のリアルさを追求

1970年代に制作されたこともあり、製作陣やキャストの中には、戦争や大震災を実際に経験している人たちが多数いたことが明らかになっています。

「火事にならなければ地震では死なない」「火は止めたか」などのセリフを叫ぶ高齢男性が登場するのですが、関東大震災の被災者が演じています。

実生活で自分たちの命や住んでいた土地がなくなるかもしれないという恐怖を、体感したことがある人にしか生み出すことのできないリアリティに注目してみてください。

日本沈没(1973)の作品紹介

日本沈没(1973)|70年代に誕生した日本SF映画の金字塔

小笠原諸島のとある島が突如として姿を消した。小野寺の操縦する潜水艇に乗って調査に向かった田所博士は、海底に重大な異変が起きているのを発見し、近いうちに日本が海底に沈むという恐るべき予測にたどり着く。やがて、日本各地で大地震や火山の噴火が起こりはじめ……。

引用:映画com

日本沈没(1973)の登場人物・キャスト一覧

  • 藤岡弘(『男の顔は履歴書』『仮面ライダー1号』など)
  • いしだあゆみ(『闇の狩人』『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』など)
  • 小林桂樹(『男はつらいよ 葛飾立志篇』『連合艦隊』など)
  • 滝田祐介(『激動の昭和史 沖縄決戦』『『月光の夏』など)
  • 二谷英明(『夜霧よ今夜も有難う』『黒部の太陽』など)
  • 二丸忠雄(『乱れ雲』『日本のいちばん長い日』など)
  • 村井国夫(『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』など)

日本沈没(1973)の注目キャストは藤岡弘(小野寺俊夫)

『日本沈没(1973)』で注目したいキャストは、当時、仮面ライダーシリーズで絶大な人気を誇っていた藤岡弘。

本作では、メインキャストである海底開発興業に勤務する潜水艇の操縦士・小野寺俊夫を演じています。小野寺の役どころは、大災害の元凶が、地殻変動によるものだとたどり着いた田所博士にヘッドハントされ、混沌とする日本の最前線で調査するというものです。

藤岡弘の若さと彫りが深く整ったビジュアルに、注目してみてください。

日本沈没(1973)のあらすじ

小松左京・衝撃のベストセラー小説の完全映画化。東宝が当時、史上最高の5億円の製作費を投じ総力を結集した超弩級大作である。日本沈没を予言する田所博士、コレに呼応、民族大移動の策を練る山本総理と日本の黒幕・渡老人、悲恋の若いカップル……。一億の国民をのせた日本列島がズタズタに引き裂かれ、沈むまでを、日本海溝の異変に始まり東京大地震、富士山大噴火などリアルに迫真をもって描く民族の叙事詩である。

引用:東宝

日本沈没(2006)はTUTAYA DISCASのみ無料レンタル中

小松左京原作の『日本沈没』は、1973年以降にも複数回、映画化されています。

2006年に公開されたリメイク版『日本沈没』では、草なぎ剛、豊川悦司、石坂浩二などがキャスティングされました。1973年版と大きく異なる点は、特撮だった災害シーンが全てCG化された点です。

現代の映像技術を駆使してインパクのある映像に仕上げた『日本沈没(2006)』は、TSUTAYA DISCASで無料レンタルすることができます。

ストーリーの違いや、映像の違いを楽しみたい方は、TSUTAYA DISCASをチェックしてみてください。

日本沈没は日本SF界の巨匠・小松左京のベストセラー小説

『日本沈没(1973)』の原作者・小松左京は、星新一、筒井康隆と合わせて”SF御三家”と称される日本を代表するSF作家として知られています。

小松左京は、大地震や津波などの大震災によって日本が崩壊し、人々が次々と亡くなっていく描写を情緒を交えず淡々と綴りました。”神の視点”のようなもので、他のSF作品とは異質なものとして評価されています。

小説『日本沈没』は、本作以外にも、実写化、アニメーション化されています。『日本沈没(1973)』は、情ではなく、知性と教養で自然界の不条理さを訴える原作に1番近い映像作品として仕上がっています。

日本沈没(1973)の評価は?

『日本沈没(1973)』の評判はどうだったのでしょうか。Twitterでの反応を見ていきましょう。

日本沈没(1973)の無料動画を見るならU-NEXT!

『日本沈没(1973)』をフルで無料視聴するならU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは、『日本沈没(1973)』以外にも、新作映画からマイナーな旧作映画まで業界最大数の映像コンテンツを楽しむことができます。

31日間の無料トライアル中に、簡単な手続きで解約手続きをすれば一切の費用がかかることはありません。

ぜひ、『日本沈没(1973)』とU-NEXTを一緒にチェックしてみてください。

関連記事