みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

2018-7-4

2018FIFAワールドカップで印象に残った日本代表選手ランキング!

第2位:大迫勇也


「コロンビア戦のヘディングが印象的」
「前線でよくボールをキープしていた」
「大迫半端ないって!」


第2位は大迫勇也選手。前線で屈強な外国人選手を背負いながらボールをキープするプレーは、他の日本人にはなかなか真似できない大迫選手のストロングポイント。そして何と言ってもコロンビア戦の決勝点はインパクト絶大でしたね!

強豪コロンビアを撃破したあの1点が、その後の日本代表チームを勢いづけたことは言うまでもありません。「大迫半端ないって!」というパワーワードも手伝い、日本国民のワールドカップに対する熱量もグッと上がりました。

「なぜ大迫がそこに?というくらい守備でも貢献していた」
→コロンビア戦で体ごと投げ出して大ピンチを防ぐシーンも印象的でしたね。攻守に渡り、献身的なプレーが光りました。

第1位:乾貴士


「ベルギー戦のミドルシュートはワールドクラス」
「2得点と結果を出した」
「守備も頑張っていた、今大会の日本人MVP」


というわけで、W杯で最も印象に残った日本代表選手、第一位は乾貴士選手でした!

攻守に渡って日本代表の躍進に大きく貢献した乾選手ですが、今大会で光ったのは「決定力」。

セネガル戦、ベルギー戦共に精度の高いシュートで少ないチャンスを確実にモノにしました。

「乾がボールを持つとワクワクした」
→ほんとそうですよね。今大会いちばん「何かやってくれそう」な雰囲気が出ていたと思います。

乾選手の活躍無くして今大会の日本の躍進はありませんでした。日本中が歓喜した右足一閃のインパクトは、文句なしの1位でしょう!



そして、今大会印象に残ったと言えば西野監督の采配。

「勝負師だと思う」
「西野監督続投してほしい」
「いろんな意見があるが、私は賛同する」


ポーランド戦の「スタメン6人変更」と「負け試合の時間稼ぎ」、とくに後者は賛否が分かれる策でしたが、結果としてこれが功を奏し、主力を温存しつつグループリーグ突破を決めました。

様々な意見がありますが、西野監督のあの大胆な決断が決勝トーナメントへ夢を繋ぎ、そして優勝候補のベルギーをあわやのところまで追い詰める死闘に繋がったことは間違いありません。

大会前は「日本史上、最も盛り上がらないワールドカップ」と言われていましたが、ここまでドラマチックな大会になったのは西野監督の采配も大きく関係していますよね。

最後に、大舞台で「日本のサッカー」を体現し、決勝トーナメントに進出できたのはディフェンス陣の奮闘があったからこそ。どうしても得点者がフューチャーされるのでランキング上位には入っていませんが、吉田選手、昌子選手、長友選手、酒井宏樹選手らの気迫の守備も印象的でした!

日本代表の全選手へ、感動をありがとう!

「W杯で印象に残った日本代表選手ランキング」
TOP10
  • 1位乾貴士
  • 2位大迫勇也
  • 3位柴崎岳
  • 4位本田圭佑
  • 5位川島永嗣
  • 6位長友佑都
  • 7位香川真司
  • 8位原口元気
  • 9位長谷部誠
  • 10位吉田麻也
編集者:熊下
調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:6,428名
調査日:2018年7月4日


このランキングは…