みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

2017-9-14

【義務化されたけど…何で選べば安心?】入っておきたい自転車保険の補償内容TOP10

以前、
【知らずに捕まる?!】自転車でよく見かける危険運転・交通ルール違反10パターンにて、自転車の危険運転について書きましたが、今回はもし事故を起こしてしまった場合に必要な「自転車保険」について。


警視庁の発表によると、
平成28年度の自転車関連事故は、交通事故全体の約2割(構成率18.2%)。
さらに自転車関連事故のうち、半数以上は出会い頭の衝突が原因
とされています。
(引用:警視庁公式サイト

スマホの"ながら見"による前方不注意が社会問題にもなっている現在、各地域で自転車保険加入の義務化が進んでいますが、義務化されていない地域であっても、自転車に乗る方なら必ず必要な保険と言えるでしょう。


そこで今回は「自転車保険に必要な補償・サービス内容」について。みんなが「これだけはおさえておくべき」と思った補償内容を一緒に見ていきましょう。


第5位:示談代行サービス


「プロに冷静にしてもらうほうが安心」
「この頃、変な人が多いので…」
「自動車事故でもそうだが、示談で揉めて裁判沙汰に及ぶケースが多く、自転車にもいずれは波及する恐れがある」


入っておきたい補償5位は、示談代行サービス。
示談代行とは、事故を起こしてしまった際、示談交渉を専門家に任せることができるサービスのこと。万が一加害者になってしまったときに落ち着いて対応出来る人気の補償です。保険に入れば無料で付帯してくることも多いサービスですが、念のため確認してから保険に入りましょう。


第4位:自身のケガの補償


「相手方が保険に入っていない場合のことを考えて」
「自分一人で転倒した際なども含まれるので、入っておくべき」


4位は、自身のケガの補償。
転んで怪我をした場合や、自転車同士の衝突、また歩行中自転車に接触された場合など、自転車関係でケガをした場合に有効な補償です。中には、自転車以外のケガを補償してくれる保険プランもあるので、色々な会社の保険を見比べてみることをオススメします。


トップ3は…