みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

【クドカン】10~60代3,664名に調査!好きな宮藤官九郎作品ランキング:ドラマ編

第3位:木更津キャッツアイ


「今でも観るくらい好き」
「木更津は、キャスティングも良かったと思う!」
「衝撃的だった。映画も最高!」


キャッツ!ニャー!

宮藤官九郎脚本。
3位は草野球ドラマ・2002年の「木更津キャッツアイ」!

ぶっさん(岡田准一)、バンビ(櫻井翔)、マスター(佐藤隆太)、アニ(塚本高史)、うっちー(岡田義徳)など、あだ名を見るだけでも懐かしい…!

さらに古田新太さん演じるオジーや、阿部サダヲさん演じる猫田など。サブキャラまで強烈!!!


野球の表と裏にかけて、ストーリーも表(本編)と裏(巻き戻して別時系列でネタバラシを見せる)の構成にするなど、実験的な面白さもあるドラマでした。


第2位:流星の絆


「あのシリアスな原作をよくぞあそこまで笑いに持ち込んだ」
「内容的にはシリアスなのに所々に笑えるところがあったりして…新しいドラマだと思った。それでも最後はやっぱり涙してしまう」
「今まで観たドラマの中で、とても印象に残っている」


2位は2008年のドラマ「流星の絆」。

主演は二宮和也さん(嵐)、錦戸亮さん(関ジャニ∞)、戸田恵梨香さん。


原作は東野圭吾さんの推理小説なのですが、
こちらも「池袋ウエストゲートパーク」同様に、原作とは性格や設定がアレンジされ、笑いの要素をとりいれるなどクドカン流!!

それにしても東野圭吾の推理小説に笑いを取り入れるなんて…改めてクドカンにしかできないことじゃないかと思います。


気になる1位は…