みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

【クドカン】10~60代3,664名に調査!好きな宮藤官九郎作品ランキング:ドラマ編

(写真:MANTAN/アフロ)


"クドカン"こと、宮藤官九郎さん。

「クドカン作品」と言えば、笑えるコメディ。強烈なキャラクター。そして世相をよくあらわした作風。

最近ドラマとなった「ゆとりですがなにか」はゆとり世代と呼ばれて生きる若者の葛藤を、様々な角度から見事に描き話題となりました。




今回は、そんな彼が脚本を手掛けたドラマ作品のランキング

TOP10に入った人気作品はいったいどれなのか?10~60代男女、3,664人に調査してきました。





第5位:タイガー&ドラゴン


「笑って泣けた」
「落語に興味を持ったキッカケです」
「小さい時に見てた。長瀬智也と岡田准一のやり取りが楽しかった!」


5位は2005年のドラマ「タイガー&ドラゴン」。

主演は長瀬智也(TOKIO)さんと岡田准一(V6)さんのパワフルコンビで、落語をテーマとした師弟愛・家族愛の下町ドラマ。

「この作品で落語に興味をもった」という方もたくさんいたようです。

個人的にはクレイジーケンバンドの「オレの話をきけぇええ~♪」を聞くと必ず思い出してしまう作品でもありますw。


第4位:池袋ウエストゲートパーク


「テンポが良くて、原作を生かしていた」
「大好きだから!」
「かなり、豪華なメンバーで、面白すぎ」


2000年のドラマ、通称"I.W.G.P"こと「池袋ウエストゲートパーク」。

主演はこちらも長瀬智也さん、そして窪塚洋介さん・坂口憲二さんなどかなり豪華なメンバー。

石田衣良さんの小説「池袋ウエストゲートパーク」が原作ですが、かなりのアレンジが加えられており、まさに"クドカンワールド"全開な作品となりました。

この作品からカラーギャングを知った人も多そう。落語にギャング、新しい世界を教えてくれるのもクドカン作品ならではですね。


トップ3は…