みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

最もチケットが取りづらい!? 2.5次元俳優・鈴木拡樹出演作品ランキング

(写真:MANTAN/アフロ)

2.5次元男子とは、漫画やアニメといった『2次元』が原作のミュージカル・舞台で活躍する俳優たちのこと。
今、その2.5次元舞台の中で「最もチケットが取りづらい」と言われている俳優がいます。
その人は「鈴木拡樹」さん。
世界観やキャラクターに溶け込み、違和感なく、というよりむしろそのままの姿で出てきたかのような立ち居振る舞いに、作品ファンはもちろん、演出家からも実力派俳優として高い評価を受けています。
今や2.5次元舞台で引っ張りだこの鈴木拡樹さんの人気は、ますます高まるばかり。
そんな鈴木拡樹さん出演作で、印象深い作品を調査しました。今知っておくべき俳優・鈴木拡樹さんの魅力を要チェック!


第3位:眠れぬ夜のホンキートンクブルース 第二章〜キセキ〜


<あらすじ>
11年目を迎えたホストクラブ、その名も『ホンキートンク』
ドS接客が売りではあるが、強力なナンバー1ホスト翔(鈴木拡樹)誕生で、店の経営は順調かに思われた。
しかし、店長であった陸斗がある事情で店を去ったことをきっかけに内部での統率が崩れ、ジョジョメン5と言われたスターホストたちが入れ替わる事になり、さらには翔の運命を左右する事態へと発展していく…。
『ホンキートンク』前代未聞の危機の中、キセキは起こるのか…!?
(参照:公式サイト

「鈴木拡樹のドS王子最高」
「No.1ホストの白スーツが美しすぎた」
「最初はムカつく役なのに、バックグラウンドを知るたびに可愛くなる…」
「客席大爆笑でめちゃくちゃ笑った。最高のエンターテイメント」

こちらは2.5次元舞台ではなく完全オリジナル舞台作品。
コメディの魅力を最大限に引き出しつつ、ドSホスト役で観客を魅了し、第3位にランクイン!
好評につき第三章が6/2から初演スタート。鈴木さんも特別映像出演が決定しました。



第2位:刀剣乱舞 〜虚伝 燃ゆる本能寺〜


<あらすじ>
西暦2205年。
歴史改変を目論む「歴史修正主義者」が過去への攻撃を開始した。
対峙する時の政府は歴史の守りとして「審神者(さにわ)」なる者を過去へと派遣する。
物の心を 励起する審神者の力によって生み出された、刀剣に宿りし付喪神「刀剣男士(とうけんだんし)」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。
(参照:公式サイト

ゲーム「刀剣乱舞」の人気キャラクターで、メインビジュアルにもなっている「三日月宗近」を演じた舞台が、第2位にランクイン。

「理想の三日月がここにいる!」
「ふざけてるシーンはおじいちゃんなのに、殺陣になるととたんにすごい」
「さすが座長を務めるだけのことはある」
「所作が優雅で、ゆったりとした笑い方がまさに三日月そのもの!という感じ」

この役柄のために能を思わせる所作も演技に取り入れ、また彼の新たな魅力が開花したと話題になりました。
6/1に初演の舞台告知PVも要チェックです!

気になる1位は…

  • 1
  • 2